ビバリー・オダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Beverley Joan Oda
Bev Oda UNDP 2010.jpg
ビバリー・オダ 国連開発計画にて(2010年)
生年月日 1944年7月27日(70歳)
出生地 オンタリオ州サンダーベイ
現職 放送局幹部、コミュニケーション・コンサルタント、教員
所属政党 カナダ保守党
任期 2004年カナダ総選挙 -
テンプレートを表示

ビバリー・オダ(Beverley Joan "Bev" Oda、1944年7月27日 - )は、カナダ政治家オンタリオ州サンダーベイ生まれの日系3世スティーヴン・ハーパー内閣の国際協力大臣。日系カナダ人として初の閣僚である。ベブ・オダとも呼ばれる。

2004年に日系カナダ人として下院議員初当選を果たした。

2006年1月23日に行われたカナダ連邦下院総選挙において12年ぶりに政権奪還を果たした保守党の議員である。2月6日、同党のハーパー党首が首相に就任し、オダがカナダ遺産大臣女性地位担当大臣として閣僚に起用された。その後2007年10月、国際協力大臣に任命された。

経歴[編集]

第二次大戦中、日系人として抑留されていた両親の間に、日系3世としてオンタリオ州サンダーベイで1944年に生まれる[1]。その後、トロント大学を卒業する。

1973年にTVオンタリオに入社し、その後CitytvグローバルTVなどで勤務する。1986年からオンタリオ映画委員会委員、1987年から1993年までカナダ・ラジオテレビ通信委員会(CRTC)理事。1995年から1999年はCTVテレビジョンネットワークの上級副社長。国務長官の政策顧問も兼任していた。

長年カナダ進歩保守党でボランティアをしていたこともあり、2004年のカナダ連邦総選挙保守党から立候補し当選する。保守党ではカナダ文化遺産政策を担当した。2006年の総選挙で再選、保守党が政権を獲得しスティーヴン・ハーパー内閣が発足した際、カナダ遺産大臣女性地位担当大臣として入閣、日系カナダ人として初の閣僚となった。その後2007年10月、国際協力大臣に任命された。

2011年2月にカナダ国際開発庁(CIDA)の署名済み文書の改竄を指示したとされるスキャンダル[2] が発覚、責任を問われた連邦議会での答弁で前言を翻すなどしたため、現職の閣僚としてカナダ史上初めて議会侮辱に問われた。ハーパー首相はオダ大臣を支持し続けたが、下院議長は保守党に対し議会侮辱を行なったとの判断を下した[3][4]。7月3日、辞職を表明した。カナダ国際開発庁(CIDA)は1992年にもベトナム・ダイニン水力発電事業において反政府ゲリラFULROの活動地域であるのに世界銀行とともに事業支援を決定、1999年にゲリラ問題が発覚し(当該ゲリラは1996年に投降)、支援を中止し日本の国際協力機構(JICA)に肩代わりさせたなどの不祥事がある(この不祥事の際にはCIDAに「カナダの政府及び民主主義に反する罪」が適用されている)。

選挙結果[編集]

ビバリー・オダは、オンタリオ州ダラム (Durham選挙区から選出された。

2008年カナダ総選挙(英語)
政党 候補者 得票数  % ±%
     保守党 ビバリー・オダ 28,551 54.1%
     自由党 Bryan Ransom 12,167 23.0%
     緑の党英語版 Stephen Leahy 6,041 11.4%
     NDP Andrew McKeever (棄権)[5] 5,485 10.4%
     Christian Heritage Henry Zekveld 577 1.1%
有効投票総数 52,821
無効票総数 177
投票総数 52,998  %
2006年カナダ総選挙(英語)
政党 候補者 得票数  % ±%
     保守党 ビバリー・オダ 27,087 47.0%
     自由党 Doug Moffatt 17,290 30.0%
     NDP Bruce Rogers 9,948 17.3%
     緑の党英語版 Virginia Ervin 2,676 4.6%
     Christian Heritage Henry Zekveld 612 1.1%
有効投票総数 57,613

Clarington—Scugog—Uxbridge選挙区(※Durham選挙区参照)

2004年カナダ総選挙(英語)
政党 候補者 得票数  % ±%
     保守党 ビバリー・オダ 20,813
     自由党 Tim Lang 19,548
     NDP Bruce Rogers 7,721
     緑の党英語版 Virginia Ervin 2,085
     Christian Heritage Durk Bruinsma 915

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ Clark, Campbell (2011年2月10日). “Speaker rebukes Bev Oda over document in Kairos case”. The Globe and Mail. http://www.theglobeandmail.com/news/politics/speaker-rebukes-bev-oda-over-document-in-kairos-case/article1903110/ 2011年3月9日閲覧。 
  3. ^ Speaker hits Tories with two more contempt rulings. Globe & Mail, March 9, 2011. Retrieved 9 March 2011.
  4. ^ Tories slapped by 2 rulings. CBC News, March 9, 2011. Retrieved 9 March 2011.
  5. ^ Ontario NDP candidate resigns CBC 2008年10月4日, Facebookでの発言が問題になり断念