ビアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ビアリ

ビアリ(英語:Bialy, イディッシュ語bialistoker tzibele pletzel )は朝食用のパン。ベーグルより一回り小さく、平たい正方形をしており、中央のくぼみに炒め玉葱と黒い芥子の実をふりかけてあることが多い。刻み玉葱を乗せて食べる。ベーグルを焼くパン屋ではビアリも焼いていることが多く、ベーグルを売る店で買うことができるほか、ニューヨーク市では食堂などでも食べられる。生地の材料はベーグルと同じであるが、材料の配分と生地の作り方、焼き方が違う。ポーランドビャウィストクで生まれたとされる。

「ビアリ」という呼称はアメリカ合衆国独特のものである。このパンはモントリオールパリアシュケナジム系のパン屋では、今でも「ツィベレ・プレッツェル」という名で知られており、もっと大きいサイズのものも作られている。カナダヨーロッパの「ツィベレ・プレッツェル」の生地には卵が入っていることも、アメリカ合衆国の「ビアリ」とは異なる。アメリカ合衆国でツィベレ・プレッツェルを市販するにあたり、先に普及していたプレッツェル(pretzel)との混乱を避けるためにイディッシュ語の「ビアリストーカー・ツィベレ・プレッツェル」から「ビアリ」と命名したのかも知れない。アメリカ国内では、ニューヨーク市内を除いてはほとんど知られていない。

参考文献[編集]

  • Nathan, Joan. The Jewish Holiday Baker. Schocken, New York, 1997.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]