パーシヴァル ペンブローク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

パーシヴァル ペンブローク

P. 66 ペンブローク

P. 66 ペンブローク

パーシヴァル ペンブローク(Percival Pembroke)は、英国のパーシヴァル社(Percival Aircraft Company)後のハンティング・パーシヴァル社(Hunting Percival)、が製造した高翼双発の小型輸送機である。

開発[編集]

ペンブロークはパーシヴァル プリンス(Percival Prince)民間貨物機から開発された。より大きな最大積載量を得るために主翼を延長していた。試作機は1952年11月22日に初飛行し、生産は1958年初めに終了した。

運用の歴史[編集]

ペンブロークは1953年英国空軍アブロ アンソンの代替の軽輸送機「パーシヴァル ペンブローク C.1」として導入された。他の英国空軍の輸送機と同様に安全性確保のために乗客の座席は後ろ向きに設置されていた。

6機が写真偵察機の「ペンブローク C(PR)1」として製造され、これらはマレー危機の期間に第81飛行隊により運用された。英国空軍のペンブロークは1970年に延命のための改装を受けた。ペンブロークを運用した最後の部隊は西ドイツウィルデンラス基地に駐留する第60飛行隊で、これらの機体は1988年に引退しホーカーシドレー アンドーバーに更新された。

派生型[編集]

ドイツ海軍で使用された P-66 ペンブローク C54
  • P.66 ペンブローク C1:英国空軍向けの連絡と輸送任務モデル。44機製造。
  • P.66 ペンブローク C(PR)1:英国空軍向けの写真偵察モデル。6機製造、2機がC1型から改装。
  • P.66 ペンブローク C51ベルギー向け輸出モデル。
  • P.66 ペンブローク C52スウェーデン向け輸出モデル。スウェーデン軍での名称「Tp 83」
  • P.66 ペンブローク C53フィンランド向け輸出モデル。
  • P.66 ペンブローク C54西ドイツ向け輸出モデル。
  • P.66 プレジデント:民間貨物機用モデル。5機製造。

運用[編集]

ベルギーの旗 ベルギー
デンマークの旗 デンマーク
フィンランドの旗 フィンランド
ドイツの旗 ドイツ
ローデシア共和国の旗 ローデシア
スウェーデンの旗 スウェーデン
スーダンの旗 スーダン
イギリスの旗 イギリス
ザンビアの旗 ザンビア

要目[編集]

3面図

(ペンブローク C.1)[1]

  • 乗員:2名
  • 乗客:8名
  • 全長:14.02 m (46 ft)
  • 全幅:19.66 m (64 ft 6 in)
  • 全高:4.9 m (16 ft)
  • 空虚重量:4,400 kg (9,961 lb)
  • 最大離陸重量:6,124 kg (13,489 lb)
  • エンジン:2 × アルビス レオニデス 127 スーパーチャージャー付 9気筒星型エンジン, 540 hp (410 kw)
  • 最大速度:300 km/h (186 mph)
  • 巡航高度:7,680 m (22,000 ft)
  • 航続距離:1,850 km (1,012 nm)

出典[編集]

  1. ^ Gatwick museum Pembroke page
  • The Illustrated Encyclopedia of Aircraft (Part Work 1982-1985), Orbis Publishing, UK.
  • A.J. Jackson, British Civil Aircraft since 1919 (Volume 3), 1974, Putnam, UK, ISBN 0 370 10014 X
  • G G Jefford, RAF Squadrons, second edition 2001, Airlife Publishing, UK, ISBN 1-84037-141-2.

外部リンク[編集]