パーカー・グリフィス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パーカー・グリフィス

パーカー・グリフィスParker Griffith)は1942年8月6日米国ルイジアナ州シュリーブポート出身の米国の政治家医師。現在は下院議員で、所属政党は共和党宗教監督派である。バージニア夫人との間に5人の子供がいる。

学歴・医師経歴[編集]

1942年ルイジアナ州シュリーブポートに生まれる。グリフィスは幼少時より、医学に対する好奇心が強く、長じてルイジアナ州立大学に進む。放射線医学に基づく癌治療を専門とし、テキサス州アラバマ州で医師免許を有する。また、1970年から73年までは米国陸軍の予備役として軍務に就く傍ら、医師としての活動を続けた。その後はアラバマ州・ハンツビルに移り、92年に医師を引退する。

政治経歴[編集]

グリフィスが政界入りを果たすのは2006年からで、民主党から地元・アラバマ州の上院選に出馬。見事当選を果たし2009年まで勤める。グリフィスは同州北部7区選出でマディソン郡などを地盤としていた。2008年には、現職議員の引退に伴い国政出馬に転じ、難しいとされながら4ポイントの僅差でアラバマ5区で初当選を果たす。民主党内では保守派・いわゆるブルードッグスに属し、バラック・オバーマ大統領の政策に対しては、造反がしばしばで、景気対策法案や医療改革法案にも反対票を投じた。2009年12月22日には、民主党の左傾化への反発から、共和党への鞍替えを発表[1]。夫人と共に出席した離党会見では、医療法案などを激しく批判した[2]。2010年秋に行われる中間選挙で共和党から再選を目指していたグリフィスだったが、同年6月1日に実施された党員選でティーパーティー運動や地方議員らが推すモー・ブルックス元同州下院議員に惨敗[3]。グリフィスの得票は33%に止まり、グリフィスの党籍移動は最終的に変節と受け取られた。

脚注[編集]

外部リンク[編集]