パンティーレイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンティーレイド
英字表記 Panty Raid
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 2004年3月8日
Include
Adventurous Di
母の父 Private Account
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 Heaven Trees Farm
馬主 Glencrest Farm LLC.
調教師 Todd Pletcher[1]アメリカ
競走成績
生涯成績 10戦5勝[1]
獲得賞金 105万2380ドル
テンプレートを表示

パンティーレイド (Panty Raid) とはアメリカ合衆国で生産された[1]競走馬である。アメリカで牝馬限定のG1競走を2勝し、引退後には繁殖牝馬となった。馬名の意味は「アメリカの男子学生が女子に対して行う風習・悪ふざけの一種」のこと。

経歴[編集]

競走馬時代[編集]

2006年8月にサラトガ競馬場でデビュー戦を迎え[2]ジョン・ヴェラスケスが騎乗して勝利を挙げた。しかしこの年はほかの競走へと出走することはなかった。

翌2007年2月に復帰したが、初戦は6着。続くブルボネットブリーダーズカップステークス (G3) で重賞競走に初出走し、エドガー・プラードが騎乗して2着となる。同年3戦目の一般競走でこの年の初勝利を挙げると、続くブラックアイドスーザンステークス (G2) も制して重賞競走初勝利を挙げた[2]。そして7月、初めての芝でのレースとなった[2]アメリカンオークスインビテーショナルステークス (G1) では、日本からの遠征馬ローブデコルテらを相手に勝利した[2]

8月のアラバマステークスでは1番人気に支持されたが5着に終わる[3]。しかし約2か月後のスピンスターステークスではギャレット・ゴメスの騎乗により優勝[4]オールウェザーの両方でG1競走を制した[4]。しかし次に出走したフォールズシティハンデキャップ (G2) では1番人気に支持されたが3着となり、その後は休養に入った。

古馬となった2008年、休養を終えて出走したダブルドッグデアステークス (G3) で7着になった[1]あと、5月に靱帯を損傷したため競走馬を引退した[1]

競走馬引退後[編集]

競走馬引退後に繁殖牝馬となったが、2008年は種付けを行わず、同年11月2日にケンタッキー州レキシントンで行われたファシグ・ティプトン社主催のセールに出品され[5]、250万ドル(約2億4800万円)でジョン・ファーガソンに落札され[5]UAEの競走馬管理組織ゴドルフィンの所有馬となった。2010年にストリートクライを父に持つ最初の産駒が誕生した[6]

血統表[編集]

パンティーレイド血統ドミノ系/4代内アウトブリード

Include
1997 鹿毛
Broad Brush
1983 鹿毛
Ack Ack Battle Joined
Fast Turn
Hay Patcher Hoist the Flag
Turn to Talent
lleria
1987 鹿毛
Stop the Music Hail to Reason
Bebopper
Baldski's Holiday Baldski
Verset Holiday

Adventurous Di
1990 黒鹿毛
Private Account
1976 鹿毛
Damascus Sword Dancer
Kerala
Numbered Account Buckpasser
Intriguing
Tamaral
1983 鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Summer Legend Raise a Native
Scotch Verdict F-No.2-c

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e アメリカンオークス馬・パンティーレイドが引退” (日本語). netkeiba.com (2008年5月29日). 2012年6月16日閲覧。
  2. ^ a b c d アメリカンオークス、ローブデコルテ敗れる” (日本語). netkeiba.com (2007年7月8日). 2012年6月16日閲覧。
  3. ^ アラバマS、レディジョアンが初G1制覇” (日本語). netkeiba.com (2007年8月19日). 2012年6月16日閲覧。
  4. ^ a b アメリカンオークス馬、パンティーレイドがG1・2勝目” (日本語). netkeiba.com (2007年10月8日). 2012年6月16日閲覧。
  5. ^ a b カジノドライヴの母、約14億円で落札” (日本語). netkeiba.com (2008年11月3日). 2012年6月16日閲覧。
  6. ^ Foal diary「Colt by Street Cry out of Panty Raid」” (英語). Darley KIDS. Darley Stud Management (2010年). 2012年6月16日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
アメリカ合衆国ウェイトアホワイル
アメリカンオークス馬
2007年
次代:
アメリカ合衆国ピュアクラン