ギャレット・ゴメス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Garrett-Gomez.jpg

ギャレット・キース・ゴメスGarrett Keith Gomez1972年1月1日 - )は、ハリウッドパーク競馬場を拠点とする騎手アメリカ合衆国アリゾナ州出身で、現在はカリフォルニア州アーケイディア在住。父のルイ・ゴメスはアメリカ南西部地区を拠点としていた元騎手、家族と4人とがいる。身長152.4センチメートル体重51.7キログラム

経歴[編集]

1972年、アリゾナ州ツーソンに生まれ、高校時代の1988年に学業を放棄し、騎手に転身する。同年9月にニューメキシコ州サンタフェダウンズ競馬場で騎手としてデビューした。2年目からはネブラスカ州に拠点を移し、この年全米の見習い騎手中第2位の成績を挙げる。

その後中部地区で頭角を現し、1994年1995年にはアーカンソーダービー(G2)を連覇。1995年にはオークローンパーク競馬場で通算1000勝を達成した。

1997年、オナーグライドに騎乗し、中部地区三冠とされるアメリカンダービー(G2)、アーリントンクラシック(G2)、セクレタリアトステークス(G1)を全て制し、同時にG1競走初勝利も果たした。さらにハリウッドパーク秋季開催のリーディングジョッキーに初めて輝いた。

1998年、拠点を西海岸カリフォルニア州に移して騎乗を始めると、翌年から3年間の間にG1競走7勝を挙げる躍進を見せる。

2002年末頃より体重の維持に苦しみ始め、一時騎乗を停止する。2003年7月には薬物使用が露見し、21ヶ月間の騎乗停止とリハビリ施設入所を言い渡され、しばし競馬界から離れることとなった。

2004年末、薬物依存を克服し騎手として復帰。翌年秋にスティーヴィーワンダーボーイブリーダーズカップ・ジュヴェナイルアーティーシラーブリーダーズカップ・マイルを制し、ブリーダーズカップ初制覇を果たした。

2006年、落馬負傷したジョン・ヴェラスケスに代わりトッド・プレッチャー厩舎主戦騎手を務め、G1競走を5勝。この年2010万ドルを稼ぎ出し、全米最多獲得賞金騎手となった。翌年もミッドナイトルートブリーダーズカップ・スプリントインディアンブレッシングブリーダーズカップ・ジュヴェナイルフィリーズを制し、賞金も前年を上回る2280万ドルを獲得。2年連続の最多獲得賞金騎手、さらに前年逃したエクリプス賞最優秀騎手のタイトルを初受賞した。

2008年9月28日には通算3000勝を達成。さらにこの年のブリーダーズカップでは新設競走を含む4競走を制し、翌1月には2年連続のエクリプス賞を受賞した。また、この年には日本でも初騎乗している。

主な騎乗馬[編集]

G1競走優勝馬

※括弧内はゴメス騎乗時の優勝G1競走

重賞競走優勝馬

※括弧内はゴメス騎乗時の優勝重賞競走

主な受賞[編集]

  • エクリプス賞最優秀騎手賞(2007年、2008年)
  • 全米最多獲得賞金騎手2回(2006年、2007年)

関連項目[編集]