カーネルジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カーネルジョン
英字表記 Colonel John
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2005年3月4日(9歳)
Tiznow
Sweet Damsel
母の父 Turkoman
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 WinStar Farm
馬主 WinStar Farm
調教師 Eoin G. Harty(アメリカ)
競走成績
生涯成績 15戦6勝
獲得賞金 177万9012ドル
テンプレートを表示

カーネルジョン (Colonel John) はアメリカ合衆国で生産された競走馬である。おもな勝ち鞍は2008年サンタアニタダービートラヴァーズステークス

競走馬時代[編集]

2007年(2歳)[編集]

アメリカEoin G. Harty厩舎に所属し、8月にデビューするものの2着に敗れる。2歳時は、リアルクワイエットステークス(準重賞)優勝、キャッシュコールフューチュリティ2着などの実績を残して終える。

2008年(3歳)[編集]

3歳時はシャムステークス(G3)から始動し優勝。続くサンタアニタダービーも強烈な末脚で差し切って、初G1制覇を成し遂げる。一躍ケンタッキーダービーの有力候補となるが、ここまでAWトラックでしか走ったことがなく、この時点でのダート適性は未知数でもあった。ダービーではBig Brownの前に6着と敗れたものの、夏に開催されたトラヴァーズステークスでは父Tiznow譲りの勝負根性を発揮し、1着でゴール。ダートでもG1レースを制覇し、コースを問わない適性の高さを見せる。

2009年(4歳)[編集]

4歳時は熱発などで調整が遅れたものの[1]、7月末に芝レースのウィッカーステークスで復帰し、優勝。このまま芝路線に進むかとも思われたが、僚馬でその年のドバイワールドカップを優勝していたWell Armedの骨折もあり、AW路線に戻る[2]。その後、パシフィッククラシックステークスグッドウッドステークスブリーダーズカップクラシックなどに出走するが、いずれも勝ち切れずに引退。

種牡馬時代[編集]

2010年からは、生まれ故郷のウインスターファーム種牡馬入りしている。2010年の種付け料は、1万5000米ドル。 初年度産駒から重賞勝馬を輩出するなど、順調な成績をあげている。

血統表[編集]

カーネルジョン血統(インテント系(マンノウォー系) / Northern Dancer5.5×5=9.38%)

Tiznow
1997 鹿毛
Cee's Tizzy
1987 芦毛
Relaunch In Reality
Foggy Note
Tizly Lyphard
Tizna
Cee's Song
1986 黒鹿毛
Seattle Song Seattle Slew
Incantation
Lonely Dancer *ナイスダンサー
Sleep Lonely

Sweet Damsel
1995 黒鹿毛
Turkoman
1982 黒鹿毛
Alydar Raise a Native
Sweet Tooth
Taba Table Play
Filipina
Grande Dame
1986 芦毛
Zen Damascus
Penny Bryn
Fia One for All
Stricks n'Stones F-No.5

脚注[編集]

外部リンク[編集]