パイシーズ (深海探査艇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パイシーズ V
艦歴 NOAA logo.svg
船名: パイシーズ
所有: NOAA
運用: ハワイ海底研究所(Hawaiʻi Undersea Research Laboratory ,HURL)
建造: Hyco国際流体力学
竣工: 1970年代初頭
仕様諸元
艦種: 深海潜水艇
排水量 13,000kg
全長: 6.10 m (20 ft 0 in)
全幅: 3.20 m (10 ft 6 in)
全高: 3.35 m (11 ft 0 in)
機関: 両舷に設置され、90度まで傾けられる推進器、2基の鉛蓄電池-120 VDC 容量330Ahと12-24 VDC 容量220Ah
速力: 2.0 ノット
航続距離: 7-10時間運用
航海日数: 3人で140時間生命維持
試験深度: 2,000 m (6,600 ft)
定員: 3人
センサー
FCS
Tritech SeaKingデジタル高解像度ソナー、レーザースキャナー、Falmouth Scientific Micro CTD, Simrad高度ソナー、Seabird Electronics Seacat CTD (導電性、温度、深度)海流分析器、TrackLink 5000HA USBL 潜水艦追尾装置、Sonatech 長基線音響追尾装置、外部設置されたサーミスタ温度計
注記: 積載量600ポンド、HYCO社製のチタン製で7自由度の油圧式マニピュレータ[1]

パイシーズ(PISCES:うお座の意)は研究用深海潜水艇である。カナダのバンクーバに置かれているHyco国際流体力学において設計製造され、最大深度は2,000m、乗員数は3名である。この潜水艇は複数の窓を持ち、試料の採取、環境の調査、装置の設置など各種水中作業が行える。耐圧殻はHY-100鋼製、内径7 ft (2.1 m)で、前部に直径6 in (15 cm)の視察窓を3箇所設けている。アラン・トライス(Alan Trice)によって設計されたパイシーズシリーズは、1960年代末に建造された初期の有人潜水艇を代表した潜水艇であり、海洋開発や海洋探査の主力を担った。パイシーズIIは最初に生産された形式で、1968年に設計が完了した。9機のパイシーズ潜水艇が1970年代末までに製造された。

パイシーズIVとV[編集]

パイシーズIV英語版パイシーズV英語版はハワイを拠点とし、アメリカ海洋大気庁で研究に用いられている。支援母船のカイミカイ=オ=カナロア(R/V Kaʻimikai-o-Kanaloa)は、パイシーズVとパイシーズIVを搭載し、Aフレームホイストを用いて潜水艇を後部デッキから海中へと送り出す[2]

ソビエトの切手に記されたパイシーズ

1971年、パイシーズIVはソビエト連邦が使用するため建造された。しかし、アメリカから旧ソ連圏へと、軍事転用可能な技術が流出するのを防ぐため、アメリカ商務省国際武器取引規則英語版(ITAR)を設定した。本潜水艇はこの規則に抵触したため[3]、カナダ政府は輸出許可の発行を拒否した。ソ連政府のかわりとして、カナダ水産海洋省は本潜水艇を購入した。現在、パイシーズIVとVの両機は国家海中研究計画英語版(NURP)によりハワイ海底研究所で運用されている。1機目が水中で運用されるとき、2機目のパイシーズは非常時に備えて船上で待機している[4]

パイシーズVの運用[編集]

潜水するパイシーズ V

パイシーズ Vは1973年に建造された深海有人潜水艇である。蓄電池から供給される電力を動力源とし、2,000m(6,280 ft)まで潜水可能である。本機は主としてハワイ諸島周辺の海域で使用される。またハワイ本島周辺の深海科学調査と同様、ハワイ島南東沖のロイヒ海山周辺にある熱水フィールドの調査にも使用される[5]。通常、この潜水艇はビデオカメラや他の機材を搭載した状態に整備され、日中、母船から発進する。潜水艇には2本のアームが装備されており、研究対象をつかむ事ができる。アームには温度計が装備され、生物や地質学の資料をつかんで採取箱へ収納でき、潜水艇の機動に困難を伴う場所であっても潜航を補助する。パイシーズ Vの乗員は3名であり、通常の潜水時間は最大10時間である。しかし、緊急時には生命維持装置が140時間まで乗員の生存を維持する[5][6]

ハワイ海底研究所英語版(英語: Hawaiʻi Undersea Research Laboratory ,HURL)はこれらパイシーズ Vパイシーズ IVの2機の潜水艇を所有している[6]。 2機の保有は緊急時の対応に利点が有る。どちらか一方の潜水艇が潜水する際にはもう一方が船上で待機し、問題があった時にすぐに救助に向かう事ができる。このような非常事態には、魚網に絡まったり、海底の岩礁や廃棄物に挟まる事が含まれる。こうした事例において待機中の2機目が救助に向かう。同様に研究探査においても2機の使用は好ましいことである[5]

2002年8月、パイシーズ Vと姉妹船のパイシーズ IVは、真珠湾の外で沈んでいた日本の特殊潜航艇甲標的を発見した。発見から時間を遡ること61年、第二次世界大戦において、この特殊潜航艇はアメリカ合衆国海軍所属ウィックス級駆逐艦ワード号が行った初めての発砲により沈められた。この事件は現代では「ワード号事件」として知られている。甲標的は真珠湾攻撃の開始前に、4インチ50口径砲の弾丸と爆雷が命中して沈没した。潜水艦は真珠湾の入り口から約5マイルの水深400mで見つかった[7][8]。これは"大西洋でのタイタニック号の発見に次ぐ、太平洋で最も重要な、近代的な海洋考古学の発見"と評された[7]。2003年、パイシーズ Vは1年前に発見した真珠湾の日本の小型潜水艦を訪れた。アメリカ合衆国国務省は小型潜水艦の扱いに関し、日本側の要望を決める為に日本の外務省と連携した[9]

パイシーズ潜水艇はまた、HURLによって教材としても使用された。2008年、2名のTampa Bay Chapterの潜水士がHURLを訪れ、日本の潜水艦の史跡を訪ねた。一人の潜水士はパイシーズ Vに足をかけて"まるで自分がスペースシャトルの準備をするように感じた"と発言した[10]ハワイヒロにあるモクパパパ調査センターには、パイシーズ Vの制御盤の模型が公開されている[11]

2009年3月5日、科学者達は7つの竹珊瑚を発見した。その中の6種は新種であり、さらに幅広い属を発見した可能性がある。こうした新種のサンゴは、通常の潜水では到達できない深海で生息していた。そのような深度で発見できたのは、パイシーズ Vがそこまで到達でき得たからであった[12][13]。また彼らは同様に、およそ3フィートの高さと3フィートの幅を持つ大型の海綿を発見した。この海綿の科学名は"cauldron sponge"である[14]

パイシーズVIIとIX[編集]

パイシーズVIIとパイシーズIXは1975年に建造され、約10年間にわたって運用された。これはソビエト科学アカデミーによってシルショフ海洋研究所ロシア語版英語版(ИОРАН「イオラーン」)でミールが就役するまで続けられた[15] [16]アカデミク・クルチャトフロシア語版, 調査船ドミトリー・メンデレーエフアカデミク・ムスティスラフ・ケルディッシュロシア語版英語版が支援船として用いられた[17]

建造[編集]

潜水艇 完成 深度(ft) 乗員
パイシーズ I 1965年 1,200 2
パイシーズ II 1968年 2,600 3
パイシーズ III 1969年 3,600 3
パイシーズ IV 1971年 6500 3
パイシーズ IV 1971年 6,500 3
パイシーズ V 1973年 6,500 3
パイシーズ VI-XI 1975年 6,500 3

パイシーズ潜水艇の現在[編集]

脚注[編集]

  1. ^ John R. Smith, Science Director (pdf), HURL Science User’s Guide:2009 field season, NOAA, Hawaii Undersea Research Laboratory, http://www.soest.hawaii.edu/HURL/HURL_Science_Users_Guide_2009_rev1-1.pdf 
  2. ^ Gidi Raanan, Pisces-family of submersibles, http://www.soest.hawaii.edu/HURL/hurl_pisces_V_specs.html 
  3. ^ International Traffic in Arms Regulations 2011, ITAR Part 121 – The United States Munitions List, §121.15 Vessels of war and spcial narval equipment. (d) Non-Combatant Support, Service and Miscellaneous Vessels (PDF)”. U.S. Department of state. 2012年4月26日閲覧。
  4. ^ Hawaii Undersea Research Laboratory, Pisces V Specifications, オリジナルの2008年4月9日時点によるアーカイブ。, http://web.archive.org/web/20080409020550/http://www.submarinesonstamps.co.il/openhist.php?ID=130 
  5. ^ a b c Shackelford, Rachel. “NOAA Ocean Explorer: Pisces IV and V”. oceanexplorer.noaa.gov. 2009年5月8日閲覧。
  6. ^ a b HURL Pisces V Specifications”. www.soest.hawaii.edu. 2009年5月8日閲覧。
  7. ^ a b Japanese Midget Submarine”. www.soest.hawaii.edu. 2009年9月13日閲覧。
  8. ^ [1]
  9. ^ Altoon, Helen (2003年8月24日). “Exploring the Deep: UH researchers who found a mini-sub will dive around the northwest islands”. Honolulu Star-Bulletin. 2009年5月8日閲覧。
  10. ^ Christine Patrick, Fred Gorell. “NOAA Supports Young Explorers in Seafloor to Mountaintop to Outer Space Challenge”. www.oar.noaa.gov. 2009年5月8日閲覧。
  11. ^ Mokupāpapa: Discovery Center”. Northwestern Hawaiian Islands Coral Reef Ecosystem Reserve. 2009年9月13日閲覧。
  12. ^ Christine Patrick, Keeley Belva. “New Deep-Sea Coral Discovered on NOAA-Supported Mission - insciences”. insciences.org. 2009年5月8日閲覧。
  13. ^ Seven New Species Of Deep-sea Coral Discovered”. www.sciencedaily.com (2009年3月6日). 2009年5月8日閲覧。
  14. ^ National Oceanic and Atmospheric Administration - New Deep-Sea Coral Discovered on NOAA-Supported Mission”. www.noaanews.noaa.gov (2009年3月5日). 2009年5月11日閲覧。
  15. ^ Deep Submersible Vehicles in Service or Available Worldwide
  16. ^ a b Интервью И.Е.Михальцева Новой газете (I.E. Mikhaltsev's interview with Novaya Gazeta). Published in Novaya Gazeta, No. (1265) 27-29 Aug 2007 (ロシア語)
  17. ^ Подводный обитаемый аппарат «Пайсис» («Pisces») (ロシア語)

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]