ハーフェズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーフェズ
Mohammad Shams al-Din Hafez.jpg
18世紀ペルシアの細密画に見えるハーフェズの肖像
誕生 ムハンマド・イブン・バハーウッディーン
1325/26年
イランシーラーズ
死没 1389/90年
墓地 イラン、シーラーズ
職業 詩人
活動期間 ムザッファル朝
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ハージャ・シャムスッディーン・ムハンマド・イブン・バハーウッディーン・ハーフィズィ・シーラーズィーペルシア語: خواجه شمس‌الدین محمد بن بهاءالدّین حافظ شیرازی‎、Khwāja Shams al-Dīn Muḥammad Ḥāfiẓ-i Shīrāzī、1325/1326年 - 1389/1390年)、通称ハーフェズ(またはハーフィズ)は、イラン詩人

「ハーフィズ」(Hafiz/Ḥāfiẓ)は古典的な読み方、「ハーフェズ」(Hafez)は現代ペルシア語的な読み方であり、世界的にはどちらも広く用いられている。日本では、黒柳恒男訳『ハーフェズ詩集』(東洋文庫)以降、「ハーフェズ」で定着した感がある。

名前[編集]

本名(イスム)はムハンマドで、ラカブの「シャムスッディーン」(信仰の太陽)と合わせたムハンマド・シャムスッディーンの名でも知られる。「ハーフェズ」は称号(後述)に由来するペンネームであり、出身(ニスバ)と合わせて「ハーフェズ・シーラーズィー」、尊称の「ハージャ」(先生、学者)を冠して「ハージャ・ハーフェズ」とも呼ばれる。

経歴[編集]

詩人ハーフィズの生涯については、信頼できる資料がはなはだ少なく、知られていることの多くは伝説的な言い伝えである。

イラン南西部ファールス地方の主都シーラーズで生まれ育ち、生涯この地を離れることはなかった。生年については諸説あり、西暦1325/26年頃のほか、1321年頃、ヒジュラ暦727年(西暦1327年頃)、同725年などとされるが、近年では1315年または1317年に生まれたとする説が有力である。父親のバハーウッディーンは石炭の商いをやっていたが、ハーフィズがまだ小さいころに亡くなってしまい、幼いハーフィズと母には多額の借金が残された。母は女手一つで彼を育てた。父はコーランの朗誦に巧みだったので、これに心を動かされた息子は8年かけてコーランをすっかり暗記してしまった。このため、彼は「ハーフィズ」という称号でもって後に世に知られることとなる。ハーフィズはまた、早熟であり、ルーミーサアディーニザーミーの作品に早い頃から親しんでいた。青年期にはファールスを支配したインジュー朝のアブー・イスハークに、壮年期にはムザッファル朝シャー・シュジャーに宮廷詩人・側近として仕えた。

ハーフェズの存在は、その抒情詩とともに、ペルシア語圏では知らない人はいない「聖なる存在」として人々の生活に深く根付いている。ガザル詩人の最高峰であり、サアディーウマル・ハイヤーム、ハージュー・ケルマーニーと並ぶ四大詩人の一人に数えられる。

現在、故郷シーラーズには「ハーフェズ廟」が建っており、詩が刻まれた石板が設けられている。当地の観光スポットとして多くの人々が訪れる。

西暦10月12日(イラン暦メフル月20日)は「ハーフェズ記念日」とされている。

作品[編集]

詩の主題は「愛」で、俗世の愛とも神への愛とも解釈可能な抒情詩を500近くも残している。

後に編纂された『ハーフェズ詩集』は、東西の文化に影響を与え、ゲーテは晩年、ハーフェズの詩に感銘を受け、『西東詩集』が綴られた。ハーフェズの詩についてゲーテは「ハーフェズの詩を理解するには 魂まで一汗かく必要がある」と語ったという。

恋と酒と自然の美などを主題とした作品が多く、民衆に広く愛され、現代でも「コーランなくとも各家庭にはハーフェズ詩集あり」とまで言われている。また、詩集を用いた「ハーフェズ占い」なるものも存在し、街中でおみくじのように売られていたり、各家庭ではシャベ・ヤルダー(冬至の夜)にこの占いをする。

『ハーフェズ』の称号[編集]

シーラーズのハーフェズ廟

クルアーン(コーラン)を全て暗唱する者の称号をハーフィズという。ムハンマド・シャムスッディーンも暗誦者であってハーフィズの号を冠しており、それが『ハーフェズ』というペンネームの由来になっている。

著作[編集]

  • ハーフィズ著『ハーフィズ詩集』(東洋文庫 299)(黒柳恒男訳) 東京, 平凡社 , 1976.12 ISBN 4582802990

関連項目[編集]

ハーフェズ ペルシャの詩
イラン人映画監督アボルファズル・ジャリリによる2008年の映画作品。ハーフェズの存在にインスピレーションを感じ、作られた作品。

外部リンク[編集]