ハンス・ゲオルク・ライマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
東ドイツの旗 東ドイツ
男子 陸上競技
オリンピック
1972 ミュンヘン 20km競歩
1976 モントリオール 20km競歩

ハンス・ゲオルク・ライマン (Hans-Georg Reimann、1941年8月24日-)は、旧東ドイツの陸上競技選手。20km競歩を得意とした選手で、1972年ミュンヘンオリンピックと1976年モントリオールオリンピックに出場。ミュンヘン大会では1時間27分17秒の記録で、東ドイツペーター・フレンケル(Peter Frenkel)、ソ連ウラジミル・ゴルブニチーに次いで銅メダルを獲得。モントリオール大会では、1時間25分14秒の記録でメキシコダニエル・バウチスタ(Daniel Bautista)に次いで銀メダルを獲得した。

記録[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1962 ヨーロッパ陸上選手権 ベオグラード(ユーゴスラビア) 20km競歩 2位 1時間36分15秒
1970 IAAFワールドカップ競歩 エシュボーン(西ドイツ) 20km競歩 1位 1時間26分55秒
1972 オリンピック ミュンヘン(西ドイツ) 20km競歩 3位 1時間27分17秒
1973 IAAFワールドカップ競歩 ルガーノ(スイス) 20km競歩 1位 1時間29分31秒
1976 オリンピック モントリオール(カナダ) 20km競歩 2位 1時間25分14秒

関連項目[編集]

外部リンク[編集]