IAAFワールドカップ競歩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

IAAFワールドカップ競歩(IAAF World Race Walking Cup)とは国際陸上競技連盟が主催する競歩種目の国際競技会である。

1961年に始まり、2年に一度(現在は偶数年の5月ごろ)2日間にわたり開催されている(2002年は秋開催だったがあとは春開催である)。

1979年には女子の部が加わり(主要国際競技会としては初の女子競歩の大会)、2004年からは19歳以下の選手を対象としたジュニアの部が併設された。

大会は個人の部と国別対抗の団体の部で行なわれる。世界陸上選手権オリンピックのような参加標準記録はなく、各種目最大5名(ジュニアの部は3名)まで出場できるため、全世界から選手が集まり、参加人数は各種目100人前後に及ぶ世界最大の競歩競技会である。

また、第1回の開催地にちなんで「ルガノカップ」とも呼ばれている。

開催地[編集]

都市
1961 ルガノ スイスの旗 スイス
1963 ヴァレーゼ イタリアの旗 イタリア
1965 ペスカーラ イタリアの旗 イタリア
1967 バート・ザーロー 東ドイツの旗 東ドイツ
1970 エシュボルン 西ドイツの旗 西ドイツ
1973 ルガノ スイスの旗 スイス
1975 Grand-Quevilly フランスの旗 フランス
1977 ミルトンキーンズ イギリスの旗 イギリス
1979 エシュボルン 西ドイツの旗 西ドイツ
1981 バレンシア スペインの旗 スペイン
1983 ベルゲン ノルウェーの旗 ノルウェー
1985 St. John's マン島の旗 マン島
1987 ニューヨーク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1989 ロスピタレート スペインの旗 スペイン
1991 サンノゼ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
1993 モンテレイ メキシコの旗 メキシコ
1995 北京 中華人民共和国の旗 中国
1997 ポディブラディ チェコの旗 チェコ
1999 メジドン-キャノン フランスの旗 フランス
2002 トリノ イタリアの旗 イタリア
2004 ナウムブルク ドイツの旗 ドイツ
2006 ア・コルーニャ スペインの旗 スペイン
2008 チェボクサル ロシアの旗 ロシア
2010 チワワ メキシコの旗 メキシコ
2012 サランスク ロシアの旗 ロシア
2014 太倉市 中華人民共和国の旗 中国
2016 チェボクサル ロシアの旗 ロシア
2018 チェボクサル ロシアの旗 ロシア

団体の部[編集]

国別対抗の団体の部は各種目で3名以上(ジュニアの部は2名以上)の出場があった国が自動的に参加対象となる。

その中からフィニッシュした上位3名(ジュニアの部は2名)の個人順位の合計ポイントで順位を競う(一番ポイントが少ない国が優勝となる)。

そのため出場3名(ジュニアの部は2名)に満たない国は自動的に対象外となり、また途中棄権、失格などで3名(ジュニアの部は2名)がフィニッシュできなかった場合も対象外となる。

各国は最大5名(ジュニアの部は3名)まで出場することが可能で補欠要員を用意することができる。順位に関係する選手がフィニッシュした時点で残りの選手は個人の部の成績のみとなる(ただし、一般の部で5名まで出場する国は少なく、ロシア中国スペインなど強豪国ぐらいである)。

なお、スタートの並び順にも影響し、団体の部対象国が前列に並び、それ以外の国は後列に並ぶ(一部トップ選手の例外はある)


日本チーム[編集]

日本チームは1989年大会に初参加した。

1991年大会では8月に地元東京で控えた世界選手権の前哨戦と参加標準記録突破のため多くの選手が出場し、その中でも男子50kmで今村文男が日本選手としては初となる3時間台(3時間59分18秒)の日本記録をマークして12位に入り、世界選手権でも競歩種目では初の7位入賞を果たす原動力の大会となった。

その後も、2004年2008年大会を除いて出場しているが、90年代後半以降は国内選考会重視の方針から本大会は主要国際競技会(世界陸上選手権、オリンピックなど)の代表選手選考対象とはなっていない。また、2012年現在、ジュニアの部には出場歴がない。

2010年チワワ大会で男子50kmの山崎勇喜が6位、女子20kmの川崎真裕美が7位とそれぞれ初めて入賞し、女子は団体戦で5位に入った。

その他、団体の部では1997年女子10kmの部で7位、2002年男子50kmの部で8位、2012年男子20kmの部で6位となっている。


  • 本大会で誕生した日本記録(いずれも当時)

競技種目[編集]

  • 男子50km競歩
  • 男子20km競歩
  • 女子20km競歩
  • ジュニア男子10km競歩
  • ジュニア女子10km競歩


エピソード[編集]

  • 1983年に始まった世界陸上選手権とは1999年まで同じ年に開催されていた(本大会は春開催)。しかし、本大会の優勝者が同じ年の世界陸上本番では優勝できないというジンクスがずっと続いていたが、1999年女子20kmで劉宏宇(中国)がようやく2冠を達成してジンクスに幕を降ろした(この年を最後に偶数年開催となったため、劉が最初で最後の2冠達成者ということになる)。さらに、オリンピックでも同様のジンクスが続いていたが2012年、女子20kmのエレーナ・ラシュマノワ(ロシア)によって2冠が達成された。
  • 1991年大会の男子50kmではアンドレイ・ペルロフ(ソ連)が快調にトップで進んでいたが、フィニッシュ手前3mというところで歩型違反で失格となった。
  • アジアでの開催は1995年の北京大会のみ。このときは個人の部は全種目中国の選手が優勝した。