ハンス・イェリネク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハンス・イェリネク(Hanns Jelinek, 1901年12月5日 - 1969年1月27日)は、オーストリア作曲家

ウィーン出身。ウィーン国立音楽大学アルノルト・シェーンベルクアルバン・ベルクに師事し、作曲対位法和声を学んだ。

中退後はフリーランスの作曲家として活動し、バーや映画館のピアニストをしつつ「ハンス・エリン」(Hanns Elin)のペンネームで軽音楽や流行歌を書いた。1958年にウィーン国立音楽大学の教職を得、1965年に教授となった。

作品はオペレッタ管弦楽曲歌曲映画音楽など多数あるが、師のシェーンベルクの影響から十二音技法で書かれたものが多い。

作品[編集]

  • ピアノのための12音作品、作品15
  • 弦楽のためのコンチェルティーノ
  • 弦楽オーケストラのための組曲
  • 短い交響曲
  • クラリネット・ピアノとオーケストラのためのファンタジー
  • 室内オーケストラのための前奏曲とフーガ
  • ピアノと室内楽のための十二音作品
  • オペレッタ「カリグラ坊や」

文献[編集]

  • Rudolf Flotzinger (Hrsg.): Oesterreichisches Musiklexikon. Band 2. Verlag der Österreichischen Akademie der Wissenschaften, Wien 2003, ISBN 3-7001-3044-9, S. 893.