ハリモミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリモミ
Picea Torano Foliage.jpg
ハリモミの葉
分類
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Pinophyta
亜門 : マツ亜門 Pinophytina
: マツ綱 Pinopsida
亜綱 : マツ亜綱 Pinidae
: マツ目 Pinales
: マツ科 Pinaceae
: トウヒ属 Picea
: ハリモミ P. torano
学名
Picea torano (Sieb. ex K.Koch) Koehne
シノニム

Picea polita[1]

和名
ハリモミ、バラモミ
品種

f. rubriflora (Yoshio Kobay.) Yonek. ベニバナハリモミ[2]

ハリモミ学名Picea torano)は、マツ科トウヒ属の常緑針葉樹である。

特徴[編集]

樹形やの形状がモミ属に似るが、葉先が針のように尖っているためこの名がある。日本特産種で、福島県から鹿児島県高隈山までの冷温帯に分布する。太平洋側に多く、日本海側の多雪地にはほとんど分布しない。日本のトウヒ属中もっとも低高度・南方まで分布する種類である。

いわゆるクリスマスツリー型の樹形で、大きいものでは樹高35m、直径1mに達する。樹皮は灰褐色。葉は長さ15-25mm程度と日本のトウヒ属の中ではもっとも大型で堅い。葉の断面は菱形である。球果も長さ7-15cmほどで、比較的大型。

富士山東北麓の山梨県山中湖湖畔近くに3万本と言われるハリモミの純林があり、「山中のハリモミ純林」の名称で日本国の天然記念物に指定されているが、台風の被害や環境の変化などにより、近年は枯死したものが多い。

脚注[編集]

関連項目[編集]