ハバナ・クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハバナ・クラブ 7年のボトル

ハバナ・クラブ(Havana Club)は、キューバマヤベケ州サンタ・クルス・デル・ノルテ英語版で製造されているラム酒のブランド名。

ホセ・アレチャバラ(José Arechabala)が1878年に設立したブランドだが、1959年のキューバ革命によりオーナーであったアレチャバラ家はスペイン亡命。製造会社は国有化された。アレチャバラ家はアメリカ移住し、ハバナ・クラブの商標を登録。この商標の使用許諾を得てバカルディからハバナ・クラブ銘のラム酒がアメリカ国内にのみ販売されていたが、商標の更新を行わず、1973年に商標権は失効している。商標はキューバ政府公団Cuban exportsが翌1974年にアメリカで登録申請し、1976年に承認された。

1994年にフランスペルノ・リカール社とキューバ政府とが出資比50:50の合弁事業としてハバナ・クラブ・インターナショナル(Havana Club International)を設立。ハバナ・クラブのブランド名は、ハバナ・クラブ・インターナショナルが所有することになった。

ハバナ・クラブの商標は、ハバナ・クラブ・インターナショナルによって世界180か国以上で登録されており、2011年の販売総数は380万ケース以上である。

主な銘柄[編集]

ハバナ・クラブ ブランコ (シルバーライト)(Añejo Blanco)
40度。ホワイト・ラム。熟成1年以下。カクテルベースとしても多用される。
ハバナ・クラブ 3年 (Añejo 3 Años)
40度。3年熟成のもの
ハバナ・クラブ エスペシャル (Añejo Especial)
40度。ゴールド・ラム。最高5年熟成の原酒をブレンドしたもの。
ハバナクラブ 7年 (Añejo 7 Años)
40度。7年熟成のもの
ハバナ・クラブ 15年 (Gran Añejo 15 Años)
40度。15年熟成のもの
ハバナ・クラブ キューバン・バレル・プルーフ (Cuban Barrel Proof)
45度。ダークラム。15年以上熟成した原酒を樽から直接ボトリングしたもの。2011年終売。
ハバナ・クラブ マキシモ・エクストラ・アネホ (Máximo - Ron Extra Añejo)
40度。最も長期熟成で、最も上質な原酒を厳選しブレンドしたもの。バカラクリスタル・ガラスデキャンタにボトリングされており、証明書も添付される。
ソレラ・サン・クリストバル (Solera San Cristóbal)
通常のラム酒の熟成とは異なるソレラ・システムで熟成されたもの。キューバの首都ハバナの誕生480周年を記念したボトルは12年から15年熟成のものを使用された。

外部リンク[編集]