ノダル・クマリタシビリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ノダル・クマリタシビリ
個人情報
フルネーム Nodar Kumaritashvili
(ნოდარ ქუმარიტაშვილი)
国籍 グルジアの旗 グルジア
誕生日 1988年11月25日[1]
出身地 Flag of Georgian SSR.svg グルジア共和国ボルジョミ
死去日 2010年2月12日(21歳)
死去地 カナダの旗 カナダブリティッシュコロンビア州ウィスラー
身長 1.79 m (5 ft 10.5 in)[1]
体重 80 キログラム (176 lb)[1]
スポーツ
グルジアの旗 グルジア
競技 リュージュ
テンプレートを表示

ノダル・クマリタシビリ(Nodar Kumaritashvili、グルジア語: ნოდარ ქუმარიტაშვილი1988年11月25日 - 2010年2月12日)はグルジアリュージュ選手。

2010年のバンクーバーオリンピック代表に選ばれたがオリンピック開幕目前の2月12日の練習中、最終16コーナー出口付近で、超高速でコース外に放り出され、鉄柱に激突し亡くなった[2]。冬季オリンピック中に命を落としたのは1964年のインスブルックオリンピックで亡くなったイギリス人リュージュ選手、カジミエルシュ・カイ=スクジペツキ(Kazimierz Kay-Skrzypeski)、オーストラリア人スキー選手のロス・ミルン(Ross Milne)、1992年のアルベールビルオリンピックで亡くなったスイス人スピードスキー選手のニコラ・ボシャテー(Nicolas Bochatay)に次いで史上4人目となった[3][4][5]

生涯と経歴[編集]

グルジア(当時ソビエト連邦グルジア・ソビエト社会主義共和国)中部のボルジョミで生まれ、幼少の頃から、スキーを始めとする様々な競技に親しみ、腕を磨いたクマリタシビリのリュージュとの出会いは13歳の時だった[6] 。一方で彼は学業でも才能を発揮、首都トビリシにあるグルジア工科大学で経済学の学位を所得していた[7]。2008-09シーズンのリュージュ・ワールドカップではシーズン55位となった。2010年1月にイタリアのトリノ西方で行われたワールドカップチェザーナ・パリオル大会では出場32人中28位となった[8]。父親はグルジア・リュージュ協会の会長を務めていて[8]、一家は敬虔なグルジア正教徒であった。

事故死[編集]

ウィスラー・スライディング・センター(五輪のリュージュコース)

2010年のバンクーバーオリンピックで自身初のオリンピック出場権を獲得したが、2010年2月12日、リュージュ競技会場となったウィスラー・スライディング・センター(バンクーバー北方のウィスラー市にある)のコース最終コーナー、「サンダーバード」でそりのコントロールを失い、コースから放り出されて鉄柱に激突した[2][9][10][11]。事故の瞬間、クマリタシビリのそりはおよそ時速143.3kmの超高速を記録していた[12]

事故後ただちに応急措置が行われ、心肺蘇生法も1分以内に行われた。ヘリコプターでウィスラーの病院に運ばれたが、そこでクマリタシビリの死が発表された[13][14]

この事故を受けてグルジア選手団は開会式の欠場や大会自体の参加を取りやめるか検討した[12]が、グルジアのスポーツ文化大臣のニカ・ルルアはチームがオリンピックに留まることを発表した[15]。開会式では、残された7人の選手たちは腕に喪章をつけて行進[16]、入場行進が終わるとBCプレイス・スタジアムを後にした[17]。彼らは観客からスタンディング・オベーションで迎えられ、1分間の黙祷が行われた。また、オリンピック旗掲揚後、カナダ国旗とともに半旗とするなどの措置もとられた。

記者会見で涙を流すジャック・ロゲIOC会長

この時点でIOCジャック・ロゲ会長は記者会見を開いたがリュージュ競技の延期や中止の可能性については明言せず[3][18]国際リュージュ連盟が事故原因を調査した結果、コースの安全性には問題がないという結論に達したため[11]、予定通り13日から競技を開始することを決定し[18]、実施された。

その後クマリタシビリの死はコースの設計ミスではないと結論づけられた[19]が最終コーナーの壁を高くして氷の表面部分を改修することが発表された[2][20]

グルジア政府はクマリタシビリの実家のあるバクリアニにリュージュのコースを建設し、彼を記念した大会を毎年開きたいと発表している[21]

ノダル・クマリタシビリの5ラリ切手


ウィスラー市内のクマリタシビリを記念した場所

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c Nodar Kumaritashvili – Luge Athletes: Vancouver 2010 Winter Olympics”. IOC. 2010年2月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月13日閲覧。
  2. ^ a b c 原因は選手の過失=競技実施へ-リュージュ死亡事故”. 時事通信 (2010年2月13日). 2010年2月13日閲覧。
  3. ^ a b リュージュ練習でグルジア選手事故死”. 中国国際放送局 (2010年2月13日). 2010年2月13日閲覧。
  4. ^ Longley, Rob (2010年2月12日). “Georgian luger killed in training”. トロント・サン. http://www.torontosun.com/sports/vancouver2010/news/2010/02/12/12857041-qmi.html 2010年2月12日閲覧。 
  5. ^ “Georgian luger fourth-ever Winter Olympian to die”. ESPN. (2010年2月12日). http://sports.espn.go.com/espn/wire?section=oly&id=4909771 
  6. ^ Giorgi Lomsadze (2010年2月16日). “Georgia: Olympic luger Nodar Kumaritashvili's hometown mourns his death”. EurasiaNet.org. 2010年4月27日閲覧。
  7. ^ Associated Press (2010年2月15日). “Georgian luger feared final curve: father”. CBC.ca. http://www.cbc.ca/olympics/luge/story/2010/02/15/spo-luge-death.html 2011年1月1日閲覧。 
  8. ^ a b Baldwin, Alan (2010年2月12日). “Luge-Dead Georgian just wanted to live his dreams”. Yahoo Sports. 2010年2月13日閲覧。
  9. ^ Zinser, Lynn (2010年2月12日). “Luge Athlete Killed in Training Crash at Olympics”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2010/02/13/sports/olympics/13luge.html?hp=&pagewanted=print 2010年2月12日閲覧。 
  10. ^ “Officials perform CPR after luger wrecks”. ESPN. (2010年2月12日). http://sports.espn.go.com/olympics/winter/2010/news/story?id=4909034 2010年2月12日閲覧。 
  11. ^ a b 五輪リュージュ:男子選手の死亡 同連盟、事故防止対策へ”. 毎日新聞 (2010年2月13日). 2013年5月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月13日閲覧。
  12. ^ a b Bondy, Filip; Nathaniel Vinton (2010年2月12日). “Olympic luger Nodar Kumaritashvili from Georgia is killed after horrific training crash”. ニューヨーク・デイリーニュース. http://www.nydailynews.com/sports/more_sports/winter_olympics_2010/2010/02/12/2010-02-12_luger_nodar_kumaritashvili_rushed_to_hospital.html 2010年2月13日閲覧。 
  13. ^ “Luger from Georgia dead after high-speed crash”. トロント・スター. http://olympics.thestar.com/2010/article/764626--luger-from-georgia-dead-after-high-speed-crash 2010年2月12日閲覧。 
  14. ^ “Source: Official confirms death of Olympic luger”. AP通信. http://hosted.ap.org/dynamic/stories/O/OLY_LUG_LUGE_CRASH?SITE=MAHYC&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT 2010年2月12日閲覧。 
  15. ^ Rutherford, Kristina (2010年2月12日). “Georgia to remain at Games despite luger's death”. CTV Olympics. 2010年2月12日閲覧。
  16. ^ グルジア、国旗と右腕に喪章で行進 五輪開会式、選手事故死で”. 日経ネット (2010年2月13日). 2010年2月13日閲覧。
  17. ^ Georgian team wears black during opening ceremony”. カンザスシティ・スター (2010年2月12日). 2010年2月13日閲覧。
  18. ^ a b Olympic luger Nodar Kumaritashvili dies after crash”. BBC News (2010年2月12日). 2010年2月13日閲覧。
  19. ^ Maki, Allan; Jeff Blair (2010年2月12日). “Luge track declared safe following fatal crash”. The Globe and Mail. http://www.ctvolympics.ca/luge/news/newsid=39315.html#luge+track+cleared+fatal+crash 2010年2月13日閲覧。 
  20. ^ (February 12, 2020) Joint VANOC - FIL Statement on Men’s Luge Competition vancouver2010.com Retrieved 13 February 2010
  21. ^ Father of dead Georgian luger won't watch accident”. Taiwan News (2010年2月14日). 2010年3月7日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]