ノエル・ギャロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノエル・ギャロン(またはガロンとも。Noël Gallon, 1891年9月11日 パリ - 1966年12月26日 同地)はフランス作曲家音楽教師音楽理論家としてマルセル・ビッチュと共著で上梓した『対位法』は、門下の矢代秋雄によって日本語にも訳され、出版されている(1970年音楽之友社ISBN 978-4276105621)。

パリ音楽院にて兄のジャン・ギャロンに師事。1910年カンタータ《アチスとガラテア Acis et Galathée 》によりローマ大賞を獲得。1920年よりパリ音楽院でソルフェージュの、1926年より対位法フーガの教授として出講。主要な門人に、モーリス・デュリュフレオリヴィエ・メシアンポール・モーリスアンリ・デュティユーゲルト・ボーダートニー・オーバンら。

作品に歌劇《大地と兵士 Paysans et Soldats 》(1911年)、管弦楽組曲ピアノ管弦楽のための幻想曲フルートバスーンのためのソナタ、ピアノ曲《トッカータ》《10の前奏曲》のほか、合唱曲、歌曲がある。