ジャン・ギャロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャン・ギャロン(またはガロンとも。Jean Gallon, 1878年6月25日 パリ - 1959年6月23日 同地)はフランス作曲家合唱指揮者・音楽教師。ノエル・ギャロンの兄。

パリ音楽院に学び、1906年から1914年までパリ音楽院管弦楽団を指揮するかたわら、1909年から1914年までパリ・オペラ座の合唱団を指揮した。1919年から1949年までパリ音楽院の教授として和声法を指導、数多の門人の中でも特筆すべきは、モーリス・デュリュフレオリヴィエ・メシアンアンリ・シャランジャンヌ・ドゥメシュジャン・リヴィエピエール・サンカンジャン・ユボーらの作曲家や演奏家・音楽教師であろう。

主要な作品に、バレエ音楽ミサ曲弦楽合奏オルガンのための6つのアンティフォナのほか、歌曲がある。