ニルス・ブロメール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニルス・ブロメール(Nils Johan Olsson Blommér。1816年6月12日 - 1853年2月1日)は、スウェーデンの画家である。

ルンドで見習いを始めて20歳から肖像画を描くようになり、幾許かの成功を収めた。1839年に蓄えた資金でストックホルムへ転居。ストックホルムでは「ブロメール(Blommér)」と名乗るようになり、Fria konsternas akademiの会員になった。アカデミーの賞を数回獲得した後、1847年に外国遠征の給費金を受け、パリ滞在の後イタリアへ向かう。1852年11月、イタリアで同じく画家である Edla Gustafva Jansson と結婚。しかし間も無く胸の疾病に感染し、1853年2月1日ローマにて死去した。

ブロメールの最も有名な作品は北欧神話伝承に基づいたものである。その中には『Älfdrömmen(草原のエルフたち)』、『Sommarnattsdrömmen』、『Näcken och Ägirs döttrar』、『Brage och Iduna』、『Freja』、『Loke och Sigyn』、そして『Älfvor』などがある。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

この記事は、パブリックドメインである Svenskt biografiskt handlexikon http://runeberg.org/sbh/a0109.html の記述に基づいている。