ニューネッシー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニューネッシーとは、1977年4月25日午前10時40分(現地時間)、日本トロール船「瑞洋丸」(2460トン、乗員87名)が太平洋上(ニュージーランドクライストチャーチより東へ約50km離れた海域)で引き揚げた、巨大な腐乱死体。大型のサメということでほぼ決着している。

概要[編集]

全長約10メートル、重さは1800キログラム、首の長さは1.5メートル。撮影された5枚の写真は多数のマスコミに大きく取り上げられ、その形態が首長竜に似た姿をしていたため、ネッシーにちなんで、ニュー・ネッシーと名づけられた。

瑞洋丸が商業漁船であり、「巨大な死体を積めないこと」と「激しい腐敗臭」を理由に、死体のヒゲ状物数本を除き、引き揚げられて1時間後に、死体は再び海中に投棄された。引き上げた瑞洋丸の船員の多くは「あの腐臭は、いかなる魚のそれとも異なっていた」と証言している。

正体(推測)[編集]

正体については、瑞洋丸の栄養管理士であり写真を撮った矢野道彦、および東京水産大学の佐々木忠義、木村茂国立科学博物館小畠郁生尾崎博東京大学海洋研究所粕谷俊雄らが調査・解析に当った。

大型のサメ
東京水産大学を中心とするグループは、1978年8月に調査報告書「瑞洋丸に収容された未確認動物について」を発表した。この報告書では、生物の正体については断言されていないが、個々の論文[1]では「大型のサメ」説が有力とされている。
一方、矢野と木村は保存された繊維組織の化学分析を行い、1000個のアミノ酸のうちに40個のチロシンが含まれていることを発見した。この含有率はサメ類のアミノ酸比率に相当するという(具体的にはニューネッシーのアミノ酸の指数は113、軟骨魚類の116に一番近い。硬骨魚類は97、爬虫類は62、鳥類は46である)。
ウバザメ
ニューネッシーのヒゲから採取したコラーゲンモルモットに投与する実験の結果、投与されたモルモットはウバザメのコラーゲンに免疫反応を起こしており、ウバザメ説の証拠になっている。
分析に使われた繊維組織は、この生物の筋繊維の一部(要するにフカヒレ)と見られ、この解析結果から、「ウバザメの死体から、軟らかい組織(顎など)が腐敗によって剥脱した結果、首長竜に似た姿になった可能性が高い」とみなされている。有名な吊り下げられた写真には、サメに特徴的なY字型の構造がはっきり写っている。
サメを扱う業者は、写真、骨格からウバザメであると断言している上に[2]、実際にウバザメを解体して、「ニューネッシー」そっくりの姿にするという再現まで行った。ニュージーランド沖にウバザメが生息していないとする意見もあるが、実際には当該海域はウバザメの生息域に含まれている[3][4]。さらに、1年後には日本の漁船が同じ海域で同様の腐乱死体を引き上げて頭骨と背骨を回収しており、「ウバザメ」との鑑定結果が得られている。
プレシオサウルス
古生物学者鹿間時夫は、「分析結果からサメだと判断するのは軽はずみすぎる。写真、骨格のスケッチから判断する限り、プレシオサウルスと言わざるを得ない。」と発言している。動物学者の実吉達郎も同様に首長竜説をとっている。
しかし、古生物学者の長谷川善和は、「その骨格からしても、プレシオサウルスではない」としている。

なお、「首や尾のが、正方形の硬いブロック状であった」として、未だに「この生物の正体は不明」とする意見もあるが、このスケッチの「正方形の硬いブロック状」の骨は、矢野が目で見て確認したわけではなく、「死体を廃棄した後で、踏んだ感触を思い出して描いたものである」と本人が述べている。

サイエンスエンタテイナーを自称する飛鳥昭雄は、自著の中で、「1978年に旧ソ連によって回収され、コトリン島に凍結保存されている」と主張している。著書の中では、ニューネッシーの「写真」とされるものも公開している。

出典・外部リンク[編集]

  1. ^ 瑞洋丸に収容された未確認動物について
  2. ^ 朝日新聞1977年7月29日付朝刊
  3. ^ フロリダ自然史博物館
  4. ^ 世界サメ図鑑(ネコ・パブリッシング)

参考資料[編集]

関連項目[編集]