ニジニ・ノヴゴロド地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニジニ・ノヴゴロド地下鉄(-ちかてつ、ロシア語: Нижегоро́дский метрополите́н)は、ロシアニジニ・ノヴゴロドで運行されている地下鉄である。ソビエト連邦時代はゴーリキー地下鉄 (Го́рьковский метрополите́н) と呼ばれていた。

路線[編集]

路線図
# 路線名 開通 最新の駅開業年 路線長 駅数
NN Metro Line 1.png アフトザヴォーツカヤ線
(Автозаводская линия)
1985年 2012年 18,9 km 11
NN Metro Line 2.png ソルモフスカヤ線
(Сормовская линия)
1993年 2002年 3.8 km 4
NN Metro Line 3.png 高地線
(Нагорная линия)
構築
合計: 18.9 km 14

モスコフスカヤ駅は方向別のホームになっており、二路線の乗り換えができる。

沿革[編集]

ニジニ・ノヴゴロドにおける地下鉄建設計画は1973年10月に始まった。1977年12月17日に着工し、最初の杭の打ち込みが開始された。1978年にはレニンスカヤ駅(Ленинская)の掘削作業が開始された。第一期の7,8km、6駅の区間と車庫が1985年11月9日に完成した。1993年にはモスコフスカヤ駅から分岐して2号線のソルモフスカヤ線が開業した。

利用[編集]

午前5時15分から午前12時まで運行されている。乗車料金は50ルーブルであり、トークンが用いられている。2012年に予定されている新駅の開業を契機として、地下鉄その他の公共交通機関に非接触型ICカードの導入が予定されている。

車両[編集]

ニジニ・ノヴゴロド地下鉄の81-717形電車

車両のほとんどは、1985年の開業時より使用されている81-717/714形である。これに加えて、2009年より81-717.5/714.5形合わせて21編成が在籍している。2012年に予定されている新駅の開業後に最新型の81-717.6/714.6形の導入が予定されている。

将来計画[編集]

現在、オカ川を挟んだ対岸の旧市街地での延伸工事が進んでいる。オカ川を渡る橋は2009年11月4日に上層の道路部分の供用が開始され、旧市街初となるゴリコフスカヤ駅(Горьковская)も2012年11月4日に開業した。その後も、旧市街方面への延伸工事が計画されている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]