ノヴォシビルスク地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ノヴォシビルスク地下鉄ロシア語:Новосибирский метрополитен)は、ロシアノヴォシビルスク地下鉄である。

歴史[編集]

Beryozovaya Roscha駅
ノヴォシビルスク地下鉄路線図

ノヴォシビルスクは、シベリアの主要な幹線交通機関であるシベリア鉄道オビ川の交差する位置に建設された人口140万人とロシア第3の都市である。そのため、この街は急速に成長し、1960年代後半には公共交通機関建設の計画ができ、1979年5月12日に建設が始まった。ソビエト連邦の他地域での地下鉄建設の経験を活かし、7年半の工期で5駅からなる路線が完成し、1986年1月7日にソビエト連邦で11番目、ロシアで4番目の地下鉄として開業した。 その後、当初の計画通り、総延長62km、4路線のネットワークに向けた工事が始められた。しかし、1990年代の経済の混乱によって、延伸事業のほとんどは凍結や大幅な遅延を余儀なくされているが、工事は現在でも進められている。

路線[編集]

ノヴォシビルスク地下鉄には2路線に12駅がある。4両からなる20の電車で1日当たり25万人の乗客を運搬している。駅は、ソビエト後期の様式で装飾されている。現在は11駅(1駅は2路線共通の乗り換え駅)ある。路線の大半は地下だが、オビ川を跨ぐ部分(ru:Новосибирский метромост)は、2.145km地上に出ている。

# 路線名 開業 最新駅の開業 長さ 駅数
1 レニンスカヤ線 (Ленинская) 1986年 1992年 10.5 km 8
2 ジェルジンスカヤ線 (Дзержинская) 1987年 2010年 5.5 km 5
合計 16 km 13

外部リンク[編集]