ニコラ・ボーダン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラ・ボーダン

ニコラ・トマ・ボーダン(Nicolas Thomas Baudin、1754年2月17日-1803年9月16日)はフランス探検家

生涯[編集]

ラ・ロシェル近くの島、レ島の平民出身。20歳でフランス東インド会社の商船隊に加わる。その後フランス海軍に入り、アメリカ独立戦争ではカリブ海で従軍した。戦後オーストリア植物学者インド洋太平洋に送る船の指揮をとり、その機会に船で植物動物を生きたまま運ぶ方法を身につけた。

1792年、フランスがオーストリアと開戦すると海軍に復帰しようとしたが果たせなかった。1795年フランス国立自然史博物館の館長アントワーヌ・ローラン・ド・ジュシューを訪ね、カリブにおける植物採集の航海について提案した。その旅行で彼は多くの珍しい植物昆虫のコレクションをフランスへ持ち帰って評判となった。

1800年10月、政府に新たな学術航海の提案を行っていた彼は、オーストラリア沿岸の地図を作成する探検の指揮者に選ばれた。フランソワ・ペロンら9人の動物学者と植物学者レシュノーを含む自然科学者を乗せ、 ジェオグラフ(Le Géographe)号 と ナチュラリスト(Le Naturaliste)号の2隻で出航。1801年5月、オーストラリア南西のルーイン岬に到着して調査を開始した。1802年4月エンカウンター湾の沿岸の作図をしていたイギリスの航海者マシュー・フリンダースに偶然出会った。その後イギリス植民地シドニーで補給し、その木の材料の名前をとってカジュアリーナ(Casuarina)号と名付けられ新しい船を購入した。彼は標本でいっぱいになったナチュラリスト号を本国に送り返し、タスマニアティモールへと旅立った。

彼はその後本国に帰る途中モーリシャスに寄り結核で死んだ。

参考文献[編集]