ナポリ中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯40度51分08秒 東経14度16分19秒 / 北緯40.852340度 東経14.272060度 / 40.852340; 14.272060

Stazione
Napoli Centrale
Stazione di Napoli Centrale 2008.jpg
経営 RFI
グランディ・スタツィオーニ
開業 1866年
現在の状態 使用中
路線 ナポリ - サレルノ
ローマ - カッシーノ - ナポリ
ローマ - フォルミア - ナポリ
位置 ナポリ、ガリバルディ広場
Piazza Garibaldi - Napoli
種別 地上駅
乗換 市内、近郊、郊外、州内、国内、国際の各バス、市内、近郊、郊外の各トロリーバス、Linea 2Linea 3Linea 4メトロカンパーニア ノルド=エスト線チルクムヴェズヴィアーナ
周辺 ガリバルディ広場-歴史的中心-

ナポリ中央駅 (Stazione di Napoli Centrale) は、ナポリ市および南イタリアでの最も主要な鉄道駅でイタリアで6番の乗降客数がある[1]

駅の最初の計画は1866年の建築家エンリコ・アルヴィーノによるものである。 新たな駅は1954年ピエルルイージ・ネルヴィにより計画されジュゼッペ・ガリバルディに捧げられた広場の前の、昔の鉄道駅の場所に建てられた。作業は1960年に終了した。

町の主要な駅であり、他の州内、国内用の鉄道駅にはカンピ・フレグレイ駅フオリグロッタ)、メルジェッリーナ(海に近い)、中央駅と一体として扱われるピアッツァ・ガリバルディ駅(地下に有る)がある。

ナポリ中央駅の地下階からは、ナポリ・ピアッツァ・ガリバルディ駅と呼ばれる地下鉄のLinea 2 の駅やチルクムヴェズヴィアーナの駅に繋がる。

フランチェスコ・ジェラーチェ作の「シレーナの泉」は19世紀中ごろに完成し、鉄道駅の正面の現在ガリバルディ広場となっている庭園に設置されていたが、サンナッザーロ広場に1924年に移された。

2005年から駅はドミニク・ペローの設計による改築と再構築が行われている。改築の最新の作業は駅の内装に各ホームにプラズマテレビの設置、外に有るタクシー乗り場への歩行者用通路、チルクムヴェズヴィアーナのホーム階の入り口へ行けるように エスカレーターと動く歩道のある通路の作成、駅内部に有る「パルテノペの泉」の修理など。

施設[編集]

駅に有る施設:

  • 切符売場 切符売場
  • エスカレーター エスカレーター
  • 身体障害者を運ぶ要員 身体障害者を運ぶ要員
  • バス バスとトロリーバスの始発
  • 乗替え用駐車場 乗替え用駐車場
  • Bar バール

備考[編集]

  1. ^ grandistazioni.itのデータ(2007年7月)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]