ナウム・ガボ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ナウム・ガボ(Naum Gabo, Наум Габо, 1890年8月5日 - 1977年8月23日)は、ロシア・アヴァンギャルド美術家彫刻家ロシア構成主義の命名者の1人とされることがあり(ただし、メドゥニツキー(Константин Константинович Медуницкий, 1899年-1935年)とステンベルグ兄弟を命名者とする文献もある)、構成主義への初期からの参加者でもある。なお、アントワーヌ・ペヴスナーは実兄。

1910年、ミュンヘンで学ぶ(薬学、工学、数学など美術とは関係のない分野であった)。そのときに、青騎士を知りその影響を受ける。

1913年ごろ兄のいたパリを訪問し、キュビスムの影響を受ける。

1914年には第一次世界大戦の開始を受けてデンマークコペンハーゲンに移り、1915年にはペヴスナーとともにノルウェーオスロに移る。

1917年の2月革命後、ペヴスナーとともにモスクワに戻り、タトリンなどと交流する。

1920年にはペヴスナーとともに「リアリズム宣言」を発表。

1923年には、スターリンから逃れベルリンヘ。

1931年には「アプストラクシオン・クレアシオン」に参加、またバウハウスとも接点を持つ。

1932年には、パリヘ、さらにロンドンを経て、1946年にはアメリカに移住。

1948年には、ニューヨーク近代美術館において、「ガボ・ペヴスナー展」を開催。