ドーン・マリー・ジョンストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドーン・マリー・ジョンストン
プロフィール
リングネーム ドーン・マリー
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テンプレートを表示

ドーン・マリー・ジョンストンDawn Marie Johnston)は、アメリカ合衆国の元女子プロレスラー。1980年代から1990年代初頭にかけて全日本女子プロレスNWF、WWF(現・WWE)、LPWAで活動した。

来歴[編集]

1985年夏に全日本女子プロレスに来日し、6人タッグとしてデズリー・ピーターセン&ダンプ松本と組み、ジャガー横田&JBエンジェルス立野記代&山崎五紀)と対戦。ヒールとして試合開始前に奇襲攻撃を仕掛け、ベビーフェイスはすぐに戻るも12分でダンプが勝利。

1986年3月、ボストン・ガーデンで行われたWWFにてベルベット・マッキンタイヤーと組み、ブル中野&ダンプ松本組と対戦[1]。1987年のサバイバー・シリーズにもセンセーショナル・シェリーのチームとして出場[2]

1990年初頭はLPWAに参戦し、マグニフィセント・ミミやラスティー・“ザ・フォックス”・トーマス、キャット・ルル、レジー・ベネットと対戦した。

脚注[編集]

  1. ^ Nevada, Vance; Mike Rodgers (2005年6月30日). “Wrestling Results Archive: Velvet McIntyre”. SLAM! Wrestling. 2009年5月9日閲覧。
  2. ^ Shields, Brian (2006). Main Event: WWE in the Raging 80s. World Wrestling Entertainment. p. 87. ISBN 978-1-4165-3257-6. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]