ドレスデン中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドレスデン中央駅

ドレスデン中央駅(Dresden Hauptbahnhof)は、ドイツザクセン州の主要都市ドレスデンにある鉄道駅である。1892年から1897年の間に市街地の南端に建てられ、市の発展に重要な役割を果たした。

歴史[編集]

ドレスデン中央駅は、ベルリンプラハニュルンベルクとの間に直通列車を持つ。1897年、市の南にあった3つの駅に置き換わる形で開業した。駅舎は1945年2月に開始されたドレスデン爆撃によって損傷した。終戦後に再建が開始しされ、東ドイツの重要な駅のひとつとなった。2000年より大規模な再建が行われている。主要なトレインホールや屋根などは完成した。2008年にはすべての工事を完了する予定であったが、2010年現在も部分的に工事は続いている。2002年8月、ヴァイサリッツ川の氾濫による浸水で駅舎は被害を受けた。入り口のホールや低層のプラットホームは、泥水により1メートル程上昇してしまった。ドレスデン近郊の多くの線路が損傷を受け、1ヶ月のあいだ駅は閉鎖されたが、駅の再建計画への影響は一時的なものであった。

改装後のプラットフォーム

駅データ[編集]

  • DB駅コード: DH
  • 駅カテゴリー 1
  • 線路の数:18 (そのうち7つは終着駅としての線路)
  • 1日あたりの列車数:約600
  • 1日あたりの乗客数:約50000人