ドナテッロ (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドナッテロ
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1934年
死没 不明
ブレニム
デレアナ
母の父 クラリスミス
生国 イタリアの旗 イタリア
生産 フェデリコ・テシオ
馬主 フェデリコ・テシオ
調教師 フェデリコ・テシオ
競走成績
生涯成績 9戦8勝
獲得賞金 73万4950リラ
テンプレートを表示

ドナテッロ (Donatello II) はイタリア競走馬。イタリアの天才馬産家であるフェデリコ・テシオの傑作でデルビーイタリアーノミラノ大賞典をはじめイタリア国内では無敵を誇った。

日本ではドナテルロと表記されることが多いが、本項では馬名の由来であるイタリアの彫刻家ドナテッロに合わせドナテッロとした。

概要[編集]

リボーネアルコと同じフェデリコ・テシオの生産で、この2頭に並ぶテシオ三大名馬の1頭に数えられている。競走成績、種牡馬成績共にこの2頭に次ぐ優秀なもので、2歳時には伊クリテリウムナショナル、伊グランクリテリウム等に勝ち1936年イタリア最優秀2歳馬に選ばれた。翌年もイタリア国内では無敗で、デルビーイタリアーノ、イタリア大賞、ミラノ大賞等に勝ち、フランスに遠征したパリ大賞典でも2着に入った。この年もイタリア最優秀3歳馬に選ばれている。パリ大賞典を最後に引退し、47500ポンドイギリスに輸出された。

種牡馬としても優秀で、イギリスクラシック二冠馬クリペロ (Crepello) やイギリス長距離三冠アリシドン (Alycidon) などを輩出した。1953年にはイギリスリーディングブルードメアサイアーにも輝いている。直系子孫はネアルコやリボー系程の広がりはないがそれなりの広がりを見せ、日本では東京優駿優勝馬オペックホースなどがドナテッロの子孫に当たる。その他の子孫についてはブランドフォード系のDonatello II以下を参照されたい。

主な産駒[編集]

血統表[編集]

ドナテッロ血統ブランドフォード系 / St.Simon5×5.5.5=12.5%他)

Blenheim
1927 黒鹿毛
Blandford
1919 黒鹿毛
Swynford John o'Gaunt
Canterbury Pilgrim
Blanche White Eagle
Black Cherry
Malva
1919 黒鹿毛
Charles o'Malley Desmond
Goody Two-Shoes
Wild Arum Robert Le Diable
Marliacea

Delleana
1925 栗毛
Clarissimus
1913 栗毛
Radium Bend Or
Taia
Quintessence St.Frusquin
Margarine
Duccia di Buoninsegna
1920
Bridge of Earn Cyllene
Santa Brigida
Dutch Mary William the Third
Pretty Polly F-No.14-c

外部リンク[編集]