トリピーッリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トリピーッリャ
Трипілля
座標 : 北緯50度07分22.38秒 東経30度46分07.43秒 / 北緯50.1228833度 東経30.7687306度 / 50.1228833; 30.7687306
歴史
建設 1032年
旧名 Треполь
行政
ウクライナの旗 ウクライナ
  キエフ州の旗 キエフ州
 地区 オブーヒウ地区
 村 トリピーッリャ
人口
人口 (2006年現在)
  村域 3001人
その他
等時帯 東ヨーロッパ時間UTC+2
夏時間 東ヨーロッパ夏時間UTC+3
ナンバープレート AI / 10
位置図
トリピーッリャの位置
公式ウェブサイト : http://trypillyarada.gov.ua/

トリピーッリャウクライナ語: Трипілля)はウクライナキエフ州オブーヒウ地区英語版の村である。キエフ市から南におよそ40kmの位置にあり、人口は2006年の時点で3001人である。なお、かつてはトリポリ(Треполь)という名だった。また現在のロシア語表記(Триполье)からの転写ではトリポリエとなる。

概要[編集]

年代記における最初の言及は、1093年キエフ大公スヴャトポルク2世ポロヴェツ族との戦いに関する記述においてである[1]。また、12世紀には同地を領土とする公位が存在した。キエフ・ルーシ時代には土塁に囲まれ、ポロヴェツ族などの遊牧民に対する、キエフを防衛するための前線基地として機能していた。1667年アンドルソヴォ条約により帝政ロシア領となった。1919年には、トリピーッリャ出身の緑軍指揮官のダヌィーロ・テルプィーロ英語版が、ボルシェビキを同地で虐殺している。

村の名はその立地に関係している。トリピーッリャはステューフナ川クラースナ川、ボブリツァ川の収束する地点にあり、三つの野原(три поля:トリポーリャ)という言葉が由来である。また別の説では、古代ギリシアの居住地があったという推測から、ギリシャ語の三つの街(トリポリス)が由来だという。

また、村の名を冠した特筆的な事象としてはトリポリエ文化が挙げられる。1897年、考古学者ヴィケンティー・フヴォイカ(en)[注 1]は発見した銅器時代の遺物を考古学会に発表し[2]、トリポリエ文化と名付けた。この文化は後にククテニ文化と同一のものとみなされ、ククテニ・トリピリャ文化とも呼ばれている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本名はチェコ語でČeněk Chvojka。

出典[編集]

  1. ^ 國本哲男『ロシア原初年代記』241頁
  2. ^ Taranec, Natalie. "The Trypilska Kultura - The Spiritual Birthplace of Ukraine?". The Trypillian Civilization Society. Retrieved 21 November 2009.(2009年12月6日時点のアーカイブ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]