トマス・パーカー (初代マクルズフィールド伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクルズフィールド伯爵
トマス・パーカー
Thomas Parker, 1st Earl of Macclesfield by Sir Godfrey Kneller, Bt.jpg
サーゴドフリー・ネラーによる肖像画(1712年)
生年月日 1666年7月23日
出生地 イングランドの旗 イングランドスタッフォードシャーリーク
没年月日 1732年4月28日(65歳)
死没地 イングランドの旗 イングランドロンドンソーホー・スクエア
現職 政治家
配偶者 ジャネット・キャリア

任期 1718年 - 1725年
元首 ジョージ1世
テンプレートを表示

初代マクルズフィールド伯爵トマス・パーカー(Thomas Parker, 1st Earl of Macclesfield PC, FRS[1]1666年7月23日 - 1732年4月26日)は、イングランドホイッグ党政治家

生い立ち[編集]

スタッフォードシャーリーク (Leek) の弁護士であった同名の父の子として、同州に生まれた。教育は、アダムズ・グラマースクール (Adams' Grammar School) と、ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで受けた[2]。結婚相手のジャネット・キャリア (Janet Carrier) は、ウィリアム・アンソン (William Anson) の妻イザベラ (Isabella) と姉妹であったが、この夫妻の間に初代アンソン男爵ジョージ・アンソンが生まれており、パーカーはアンソンの義理のおじにあたる。1691年に法曹資格を得、1705年国会議員となって、ナイトに叙された。1710年には大法官への就任の要請を拒んだが、枢密院議員に加えられた。また、1710年から1718年まで、イングランド・ウェールズ首席判事 (Lord Chief Justice) を務め、ヘンリー・サシェヴェレル (Henry Sacheverell) に対する告発に関わった。パーカーは、サシェヴェレルや、高教会派 (High Church) の聖職者たちを激しく攻撃した[3]。パーカーはまた、1720年代に議論を呼んだ風刺に満ちた著作『蜂の寓話 (The Fable of the Bees)』で知られるバーナード・デ・マンデヴィルの友人であった。

パーカーは、1712年王立協会フェローとなった[4]。また、出身地のリークに、グラマースクールを創設した。1714年、パーカーはマクルズフィールドのパーカー男爵 (Baron Parker of Macclesfield) として授爵され、貴族の列に加えられた。

グレートブリテンおよびアイルランド摂政[編集]

サーゴドフリー・ネラー作「マクルズフィールド伯爵」

1714年8月1日アン女王が死去し、後継者とされていたハノーファー選帝侯ゲオルク(のちのジョージ1世)はドイツの地にあるという状況の下で、パーカー男爵は、新王が状況を知って王位を継承するまでの間のつなぎとして、グレートブリテンおよびアイルランド、ならびに海外領土の執政に指名された。この統治は9月18日まで続いた。1718年、パーカーは、英語が喋れなかった国王に代わって、貴族院における国王演説を行なった。

大法官[編集]

1718年、パーカーは大法官となり、終身年金を与えられ、国王ジョージ1世のお気に入りとなっていた。1721年、パーカーはマクルズフィールド伯爵に陞爵し、併せて、子がパーカー子爵 (Viscount Parker) を名乗ることも許された。1724年には、金銭上の不祥事に巻き込まれたが、1725年まで大法官の地位にとどまった。

弾劾[編集]

1725年、パーカーは弾劾され、貴族院において裁判にかけられた[3]。パーカーは、総額10万ポンド(現在の1100万ポンドに相当)以上の賄賂を受け取っていたと、全会一致で認定された。この結果、罰金3万ポンドが課され、パーカーはその支払いが済むまでロンドン塔に留置された。併せて、枢密院議員の職も解かれた。パーカーはとてつもなく裕福で、それはおそらくは不正蓄財の結果であったかもしれないのだが、不正蓄財が没収されたため、加えて課された罰金は支払うことができなかった。パーカーはその後の余生を、ほとんどオックスフォードシャーシャーバーン (Shirburn) のシャーバーン城 (Shirburn Castle) で過ごし、没後には当地に埋葬された。

しかし、パーカーは、失脚後の1727年に行なわれたアイザック・ニュートンの葬儀において棺側付き添い人 (pall-bearer) を務めることができた。パーカーはロンドンソーホー・スクエア (Soho Square) で死去した。

出典・脚注[編集]

  1. ^ PC は枢密院議員、FRS は王立協会フェローであることを示す称号。
  2. ^ Venn, J.; Venn, J. A., eds (1922–1958). “Parker, Thomas”. Alumni Cantabrigienses (online ed.). Cambridge University Press. 
  3. ^ a b Parker Manuscript”. University College London. 2013年9月30日閲覧。
  4. ^ Parker; Thomas (? 1666 - 1732); 1st Earl of Macclesfield and Viscount Parker” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2013年9月30日閲覧。

外部リンク[編集]

議会
先代:
John Harpur
ダービー選挙区
Derby

1705年 - 1707
次代:
グレートブリテン議会
議会
先代:
イングランド議会
ダービー選挙区
Derby

1707年 - 1710
次代:
Lord James Cavendish
司法職
先代:
Sir John Holt
王座部首席判事
Lord Chief Justice of the King's Bench

1710年 - 1718
次代:
Sir John Pratt
公職
先代:
The Lord Cowper
大法官
1718年 - 1725年
任命
次代の在位者
The Lord King
名誉職
先代:
The Earl of Northampton
ウォリックシャー主席治安判事
Custos Rotulorum of Warwickshire

1719年 - 1728年
次代:
The Duke of Montagu
グレートブリテンの爵位
新設 マクルズフィールド伯爵
1721年 - 1732年
次代:
ジョージ・パーカー
George Parker
新設 パーカー男爵
1714年 - 1732年