マクルズフィールド伯爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マクルズフィールド伯爵(マクルズフィールドはくしゃく、英語: Earl of Macclesfield)は、2度にわたって創設されたイングランドないしイギリス伯爵位。

イングランド貴族としての最初の創設は1679年で、兵士であり政治家であった初代ジェラード男爵チャールズ・ジェラード (Charles Gerard, 1st Baron Gerard) のためにこの爵位が設けられた。ジェラードは既に、1645年サフォークブランドン (Brandon) のジェラード男爵として叙爵されていたが、伯爵位の叙爵とともに、ブランドン子爵 (Viscount Brandon) へ陞爵した。これらの爵位はいずれもイングランド貴族のものである。この初代マクルズフィールド伯爵は、高名な判事で、1581年から1594年]まで記録長官 (Master of the Rolls) の任にあったサーギルバート・ジェラード (Sir Gilbert Gerard) の曾孫にあたった。初代の跡を継いだのは、第2代となった長男であった。第2代伯爵は1683年ライハウス陰謀事件に関わり、死刑判決を受けたが、その後、王(チャールズ2世)の特赦によって赦された。1701年に没したときに嫡子はおらず、弟が襲爵して、第3代伯爵となった。第3代伯爵は、襲爵以前にヤーマス (Yarmouth)、ランカスター (Lancaster)、ランカシャー (Lancashire) から選出されて、庶民院議員となったことがあった。1702年に第3代伯爵が没した際に、爵位は廃爵となった。

2度目は、グレートブリテン貴族としてこの伯爵位が再度創設された1721年のことで、有名な法律家であった初代パーカー男爵トマス・パーカーが、「オックスフォードエウェルムパーカー子爵 (Viscount Parker, of Ewelm in the County of Oxford) 」および「パラティン伯チェスターマクルズフィールド伯爵Earl of Macclesfield, in the County Palatine of Chester)」に陞爵した[1]。この初代マクルズフィールド伯爵トマス・パーカーは、1710年から1718年まで王座部首席判事 (Lord Chief Justice of the King's Bench) を務め、1718年から1725年まで大法官の任にあった。パーカーは既に1716年に、パラティン伯チェスターのマクルズフィールド男爵として「パーカー卿 (Lord Parker)」となっていた[2]。これもグレートブリテン貴族の爵位のひとつであった。男爵位とは異なり、新たな子爵位や伯爵位は後継者が決められていたが、初代伯爵には男子の嫡子がいなかったため、ハーズリー・パーク (Hursley Park) の初代准男爵サーウィリアム・ヒースコート (Sir William Heathcote, 1st Baronet) 夫人となっていた初代伯爵の娘エリザベス (Elizabeth) へ、さらにその息子へと爵位は継承されるものとされた。1725年、マクルズフィールド卿は汚職の罪を問われ、3万ポンドの支払いを強いられた。爵位はその後、息子が襲爵し、第2代となった。第2代伯爵は、優れた天文学者であり、王立協会の会長を何年も務めた。

第2代の死去によって、爵位は長男が襲爵した。第3代伯爵は、襲爵以前にニューカッスル・アンダー・ライム (Newcastle under Lyme)、オックスフォードシャー (Oxfordshire)、ロチェスター (Rochester) から選出されて、庶民院議員となったことがあった。第3代伯爵の跡は、長男が第4代として襲爵した。優れた政治家で、1816年から1818年にかけて、農業省大臣 (President of the Board of Agriculture) を務めた。第4代の死去後、爵位は弟が第5代として襲爵した。第5代の跡は、その息子が第6代として襲爵した。第6代伯爵は、襲爵以前にオックスフォードシャー (Oxfordshire) から選出されて、庶民院議員となり、保守党に所属していた。第6代の跡は、その孫が第7代として襲爵した。第7代伯爵は、第6代伯爵の長男であったパーカー子爵ジョージ・オーギュスタス・パーカー (George Augustus Parker) の息子であった。このマクルズフィールド卿は、1954年から1963年まで、地方長官 (Lord Lieutenant) の任にあった。2010年現在、この爵位を保持しているのは、1992年に父である第8代の跡を襲爵した、第7代伯爵の孫にあたる第9代伯爵である。

コーンウォール公爵夫人カミラの最初の夫であったアンドリュー・パーカー・ボウルズ准将は、母方の姓を継いだデレク・ヘンリー・パーカー=ボウルズ (Derek Henry Parker-Bowles) の息子であり、第6代伯爵の三男アルジェモン・ロバート・パーカー師 (Reverend the Hon. Algernon Robert Parker) の孫であった。このため、パーカー・ボウルズ准将は、この伯爵位およびこれに付随する爵位と、遠いながらも縁があることになる。また、第6代伯爵の次男セシル・トマス・パーカー師 (Cecil Thomas Parker) の息子であるウィルフレッド・パーカー師 (the Right Reverend Wilfred Parker, 1883 - 1966) は、プレトリア主教を務めた。

パーカー家の居城は、オックスフォード近郊のシャーバーン城 (Shirburn Castle) であるが、この城とその敷地は、マクルズフィールド家の資産管理会社であるビーチウッド・エステート社 (the Beechwood Estates Company) の所有となっている。2004年末、第9代伯爵は、長期にわたった厳しい法廷闘争の果てに、この居城から追い立てられた。

マクルズフィールド伯爵(1679年創設)[編集]

マクルズフィールド伯爵(1721年創設)[編集]

  • 推定相続人は現在の爵位保持者である第9代伯爵の弟(ジョナサン)デイヴィッド・ジョフリー・パーカー (the Hon. (Jonathan) David Geoffrey Parker) (1945 - ) である。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ London Gazette: no. 5986, p. 1, 1721年8月29日. 2013年10月4日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 5414, p. 1, 1716年3月6日. 2013年10月4日閲覧。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Kidd, Charles, Williamson, David (editors). Debrett's Peerage and Baronetage (1990 edition). New York: St Martin's Press, 1990, [要ページ番号]

外部リンク[編集]