トゥングラワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥングラワ
Tungurahua Volcano Eruption 1 Febraury 2014.JPG
2014年2月1日撮影。
標高 5,023 m
所在地 エクアドルの旗 エクアドルアンデス山脈
位置 南緯1度28分1秒
西経78度26分30秒
座標: 南緯1度28分1秒 西経78度26分30秒
山系 エクアドル中央山系
種類 成層火山古第三紀
最新噴火 2014年(継続中)
初登頂 Alphons Stübel, Wilhelm Reiss, 1873年
トゥングラワの位置(エクアドル内)
トゥングラワ
トゥングラワ
トゥングラワの位置(エクアドル
トゥングラワの位置(南アメリカ内)
トゥングラワ
トゥングラワ
トゥングラワの位置(南アメリカ
テンプレートを表示
2011年4月29日のトゥングラワ

トゥングラワTungurahuaケチュア語のtunguri(喉)、rahua(火)より"火の喉")は、エクアドル中央山系に位置する成層火山活火山。報道によっては、トゥングラウアまたはトゥングラウア火山として呼ばれる。

地理[編集]

エクアドル共和国首都キトの南140km、世界遺産サンガイ国立公園内に位置する。

火山活動[編集]

最近1300年では、80 - 100年周期で活動期になると考えられている。(活動年:1773年1886年1916 - 1918年[1]1999年[2] -)

通称名[編集]

「黒い巨人」、「母なるトゥングラワ (Mama Tungurahua)」とも呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ IG-EPN 1999, [1]
  2. ^ a b “エクアドルの「火の喉」トゥングラウア火山に大規模噴火の懸念”. AFPBB News. (2014年4月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3011825 2014年4月12日閲覧。 
  3. ^ “トゥングラウア火山が7か月ぶりに噴火 - エクアドル”. AFPBB News. (2007年3月8日). http://www.afpbb.com/articles/-/2191917 2014年3月10日閲覧。 
  4. ^ “トゥングラウア火山の活動が活発化”. AFPBB News. (2007年12月6日). http://www.afpbb.com/articles/-/2191917 2014年3月10日閲覧。 
  5. ^ “エクアドルのトゥングラウア火山が噴火”. AFPBB News. (2008年1月10日). http://www.afpbb.com/articles/-/2334384 2014年3月10日閲覧。 
  6. ^ “エクアドルのトゥングラウア火山、活動活発化で800人避難”. AFPBB News. (2008年1月14日). http://www.afpbb.com/articles/-/2336133 2014年3月10日閲覧。 
  7. ^ CNN.co.jp:火山噴火で住民が避難、作物などに被害 エクアドル
  8. ^ “南米エクアドル・トゥングラウア火山が活発化 写真3枚”. AFPBB News. (2012年8月20日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2896175/9383078 2012年8月25日閲覧。 
  9. ^ “南米トゥングラウア火山が噴火”. AFPBB News. (2012年12月21日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2917753/10021080 2013年7月5日閲覧。 
  10. ^ “南米トゥングラウア火山が噴火”. AFPBB News. (2013年5月10日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/disaster/2943273/10716785 2013年7月5日閲覧。 
  11. ^ “南米エクアドルのトゥングラウア火山が噴火”. AFPBB News. (2014年2月3日). http://www.afpbb.com/articles/-/3007702 2014年2月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

スペイン語[編集]

  • INFORME DIARIO TUNGURAHUA エクアドル国立地球物理学研究所トゥングラウア火山情報 Instituto Geofísico | Escuela Politécnica Nacional