テン・リトル・インディアンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テン・リトル・インディアンズ(Ten Little Indians)は、英語圏で広く親しまれている民謡マザー・グースのひとつとして知られる。

概要[編集]

題名は10人のインディアンの子供という意味で、日本では「10人のインディアン」という曲名で知られている。フォークダンスの曲としても用いられる。

1868年にアメリカの作曲家セプティマス・ウィナー(Septimus Winner)により、"Ten Little Injuns"というタイトルでミンストレル・ショー向けに作詞・作曲された。

1869年にはイギリスの作詞家フランク・J・グリーンによって翻案され、"Ten Little Nigger Boys"として有名となったが、Niggerという差別的な単語[1]を含むため、1940年代以降は"Ten Little Indians(あるいはSoldier Boys)"と改められるようになった。

また、10人の少年たちが事故などで順にいなくなり、残された最後の一人も自殺する[2]という残酷で冷笑的な歌詞であったことから、現在は大きく改変・簡略化されたバージョンのみが童謡として伝えられ、原曲が公の場で歌われることはほとんどない。

歌詞[編集]

現在一般的に歌われている歌詞は以下の通り。

上述の理由により、原曲である"Ten Little Injuns"や"Ten Little Nigger Boys"とは歌詞もメロディも異なるが、このバージョンであっても差別的であるとして嫌忌する人は少なくない。

One little, two little, three little Indians
Four little, five little, six little Indians
Seven little, eight little, nine little Indians
Ten little Indian boys.
Ten little, nine little, eight little Indians
Seven little, six little, five little Indians
Four little, three little, two little Indians
One little Indian boy.

日本語詞[編集]

日本では高田三九三による訳詞が有名である。

その他の日本語詞には、「インディアン」を、キヨノサチコ原作の児童向け絵本『ノンタン』シリーズの主人公の名前に置き換えた「10人のノンタン」がある。「10人のノンタン」が収録されているメディアには、DVD『げんきげんきノンタン〜でかでかありがとう〜』、CD『赤ちゃん版 おはなしノンタン はみがき はーみー』がある。

脚注[編集]

  1. ^ Niggerはアメリカにおける黒人に対する蔑称であり、当時のヨーロッパでは特に差別的なニュアンスを含む単語ではなかった。
  2. ^ "Ten Little Nigger Boys"の歌詞。アメリカ版の"Ten Little Injuns"では生き残って結婚する。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]