テンペスト (2010年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
テンペスト
The Tempest
監督 ジュリー・テイモア
脚本 ジュリー・テイモア
原作 ウィリアム・シェイクスピア
製作 ロバート・チャートフ
スチュワート・ティル
ブロー・カーソン
ジェイソン・K・ロウ
リン・ヘンディー
製作総指揮 ロン・ボズマン
ティノ・プーリ
ロヒット・カタール
スチュワート・ティル
アンソニー・バックナー
グレッグ・ストラスバーグ
出演者 ヘレン・ミレン
音楽 エリオット・ゴールデンサール
撮影 スチュアート・ドライバーグ
編集 フランソワーズ・ボノー
製作会社 ミラマックス
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン・ピクチャーズ
日本の旗 東北新社
公開 イタリアの旗 2010年9月11日VIFF
アメリカ合衆国の旗 2010年12月10日
イギリスの旗 2011年3月4日
日本の旗 2011年6月11日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 $346,594[1]
テンプレートを表示

テンペスト』(原題: The Tempest )は、2010年アメリカ合衆国ファンタジー映画ウィリアム・シェイクスピア戯曲テンペスト』を原作としている。

ストーリー[編集]

ミラノ公国の公爵の死去の後、遺言によりプロスペラが女公爵として継承する。しかし実の弟が権力欲しさにナポリにミラノを配下にする約束をし、プロスペラを孤島に幽閉、自らがミラノ公爵となり国を衰退させる。

幽閉されたプロスペラは、かねてより研究していた魔術により、ナポリの王と王子、王の弟、自身の弟が乗る船を孤島へ導くことに成功する。プロスペラは自分の産んだ娘がナポリの王子と自然な恋愛をし、婚約することを望む。が、自身を陥れた弟とナポリ王、ナポリ王の弟の存在を許し難く思っていた。そこで王子と3人にそれぞれの試練を与え、娘にあるいはミラノやナポリの国に対しての反省を促すことにする。

当初、3人に対してプロスペラは容赦しない気持ちであったが、自身のしもべの妖精の言葉を受け、荒々しい心のまま、人を許せない自分のままではいけないと感じ入り、3人が反省すれば許すようになる。

そして、試練のさなかにナポリ王は、自身の弟と、ミラノ公爵であるプロスペラの弟が反逆をもくろんでいることを、妖精から夢の中で知らされる。

それらを見せた上で、プロスペラは3人の前に姿を現し、娘との婚約とミラノ公国の返還を約束させ、自らの復讐に幕を閉じる。

キャスト[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Tempest”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年11月26日閲覧。

外部リンク[編集]