テフェリ・バンテ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

テフェリ・バンテ(Teferi Bante、英語: Tafari Benti1921年-1977年2月3日[1] )はエチオピア国家元首臨時軍事行政評議会(PMAC)議長。軍隊の階級は陸軍少将[2]

人物[編集]

1974年、エチオピアの皇帝ハイレ・セラシエ1世クーデターで廃位したあと、9月13日、国家元首に就任した。実権を握っていたPMAC議長アマン・アンドム中将が殺害された後11月28日にPMAC議長に就任したが[2]、実権は軍部調整委員会を掌握していたメンギスツ・ハイレ・マリアムが握っていた。1977年2月3日アスラト・デスタ陸軍中佐ヒルイ・ハイレ・セラシエ陸軍中佐等と共に粛清処刑)された。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤章. “アフリカの「統治者」一覧(資料) (PDF)” (日本語). アフリカの「個人支配」再考. ジェトロ・アジア経済研究所. 2009年5月21日閲覧。
  2. ^ a b ラウル・バルデス・ビボ(後藤政子訳)『エチオピアの知られざる革命』恒文社、1978年11月、pp200-204

関連項目[編集]