ツヴィリング・J.A.・ヘンケルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Zwilling J. A. Henckels AG
種類 AG
略称 Henckels, ヘンケルス
本店所在地 ドイツの旗 ドイツ
設立 1731年
業種 金属製品
事業内容 刃物、家庭用品の製造
関係する人物 Peter Henckels
Johann Abraham Henckels
外部リンク http://www.zwilling.com/
テンプレートを表示
ツヴィリング J.A. ヘンケルスジャパン株式会社
Zwilling J. A. Henckels Japan Ltd.
種類 株式会社
本店所在地 日本の旗 日本
設立 1973年(昭和48年)
業種 金属製品
事業内容 刃物類、食器、台所用品等の輸入及び販売・製造
代表者 Michael G.Gordner
資本金 90,000,000円
従業員数 118名
外部リンク http://www.zwilling.jp/
テンプレートを表示

ツヴィリング J.A. ヘンケルス(Zwilling J.A. Henckels AG)は、ドイツゾーリンゲンに本拠を置く、刃物などのメーカーである。「ツヴィリング」や「ヘンケルス」などの名前で知られている。双子のマークが有名。なお、社名の「ツヴィリング」とは、ドイツ語で「双子」の意。

創業は1731年にヨハン・ペーター・ヘンケルス(Johann Peter Henckels )がゾーリンゲンのカトラリーギルドに双子のマークを登録した年とされている。その後、ヨハン・アブラハム・ヘンケルス(Johann Abraham Henckels)が1818年、ベルリンに第1号店をオープンさせた。社名の J.A. は彼の名前の略である。

日本へは大阪万国博覧会の際に万能料理バサミが便利なドイツ製キッチン用品としてドイツ館で紹介されて以来ゾーリンゲンの名前とともに知られるようになった。ドイツ本社はゾーリンゲン市の歴史的建造物として保存されている。

ブランド[編集]

この会社は、ツヴィリング(ZWILLING)ヘンケルス(HENCKELS)の2つのブランドを持っている。日本では同社の製品を区別なくヘンケルスと呼ぶ者も多いが、実際には別々のブランドである。

  • ツヴィリングブランド

よく知られ、以前からあるブランドで、双子のマークで有名である[1]。価格は後述のヘンケルスブランドよりプレミアム性の高い商品。主にドイツ・日本などで製造されているが、一部の製品はスペインや韓国や中国などで生産されている。

日本においては「ツバイリング」と記された時期があり、今でもそう記載・呼称されることがある。

  • ヘンケルスブランド

1895年に加えられたブランドで、双子ではなく1人のマークである。各国の支社がその国の料理文化に合わせた商材を展開しており、価格は前述のツヴィリングブランドよりリーズナブルに抑えられている。主に日本・中国・スペインなどで製造されている。

商材はどちらのブランドもゾーリンゲンの品質管理の上、製作されている。

製品[編集]

刃物が有名だが、日本では以下の製品などが販売されている。

  • 包丁
  • 事務用はさみ
  • 台所用はさみ
  • キッチン用品

など。

ヘンケルスの刃物には必ずFrio durというマークが入っている。これは冷たくして硬くしたという意味である。社長の女性秘書が、あるとき刃物を氷水の中につけたらよく切れるようになる(日本刀の水減しに相当)のを発見し、社長に報告したことに始まる。

参考文献[編集]

  • 大和久重雄『鋼のおはなし』日本規格協会、1984年

脚注[編集]

  1. ^ 双子の性別は両方とも中性とされている。

外部リンク[編集]