ツィルニトラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツィルニトラ(Zirnitra)とは東ヨーロッパの西スラヴヴェンド地方(今のドイツ連邦共和国ブランデンブルク州メクレンブルク=フォアポンメルン州)の伝説に登場する黒いスラヴの竜で魔法神でもある。[1]「Zir」と言う場合もある。Rosvodizという神名でも呼ばれるが、それはツィルニトラの別名である。由来は、ヴェンド人が侵略してくるサクソン人と戦ったとき、ツィルニトラ旗が軍旗として使われた場面と言われている。ジルニトラという別名でも呼ばれ、魔法神でもある。そこから派生し「魔術的な力が与えられた者」という意味にもなった。しかし、これらの文献および発掘はウソということで現時点では決着がついている。

プリルヴィッツの偶像[編集]

ツィルニトラは「プリルヴィッツの偶像」(Prillwitz idols)の1つである。18世紀に発見されたツィルニトラをはじめとするこれらの偶像は地元の鍛冶屋らがねつ造したものであると19世紀末ごろに真贋論争の決着がついた。[2]このため新しい発見がない限り、ツィルニトラの存在は空想の産物ということになる。なお、ツィルニトラは蛇型の偶像で「発見」された[3][4]

脚注[編集]

  1. ^ Grundtræk til En Nord-Slavisk og Vendisk Gudelære. p.28。
  2. ^ Pre-Christian Slavic writing)参照の事(英語版記事)。
  3. ^ [1]。GIF2参照の事。絵では茶色の蛇である。
  4. ^ ツィルニトラ偶像写真はこのリンク先になる(ロシア語「Зирнитра」、ロシア語リンク先も参照の事)。[2]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • Andreas Gottlieb Masch、Daniel Woge共著、‘Die gottesdienstlichen Alterthümer der Obotriten, aus dem Tempel zu Rhetra, am Tollenzer-See ’出版者:Rellstab, 1771.