ツァガンテギア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ツァガンテギア(Tsagantegia)は中生代白亜紀後期(約7,400万 - 6,700万年前)のモンゴルに生息した植物食恐竜の属の一つ。鳥盤目 - 曲竜下目 - アンキロサウルス科に属する。

属名は「ツァガン・テグ(モンゴルの地名)のもの」の意。

特徴[編集]

タウルルスシャモサウルスに似ているが、体型はよくわかっていない。頭骨は平たくて長く、口先の幅は広いという進歩的な特徴を持っている。目の周りの骨が、輪のように盛り上がっているのも特徴である。

体長は約4mとみられている。

関連項目[編集]