チョウセンカマキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チョウセンカマキリ
Tenodera angustipennis
Tenodera angustipennis(2008年10月)
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: カマキリ目 Mantodea
: カマキリ科 Mantidae
亜科 : カマキリ亜科 Mantinae
: Polyspilotini
: Tenodera
: チョウセンカマキリ T. angustipennis
学名
Tenodera angustipennis
Saussure1869[1]
和名
チョウセンカマキリ(朝鮮蟷(螳)螂)
カマキリ(蟷(螳)螂)

チョウセンカマキリ学名Tenodera angustipennis)は、カマキリ目カマキリ科昆虫。単にカマキリともよばれる。体長オス65 - 80mm、メス70 - 90mm。

特徴[編集]

オオカマキリによく似ているが、やや小さい。前基節基部間は橙赤色。後翅の前縁部と中央部に濃褐色短条が並ぶ。

分布[編集]

日本本州四国九州対馬沖縄本島)、朝鮮半島中国[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 日本産昆虫学名和名辞書(DJI)”. 昆虫学データベース KONCHU. 九州大学大学院農学研究院昆虫学教室. 2011年11月16日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]