チャバネヒメシャクケイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チャバネヒメシャクケイ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: ホウカンチョウ科 Cracidae
: ヒメシャクケイ属 Ortalis
: チャバネヒメシャクケイ
O. garrula
学名
Ortalis garrula
Humboldt, 1805
和名
チャバネヒメシャクケイ
英名
Chestnut-winged Chachalaca

チャバネヒメシャクケイ(学名:Ortalis garrula )は、 キジ目ホウカンチョウ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

コロンビアに分布する。コロンビア固有種

全長[編集]

全長48-60cm。頭から頸にかけては赤褐色で、体の上面は赤緑色の光沢がある褐色である。尾は濃い緑色で先端部は中央部以外は白色である。胸は緑褐色で、それより下の腹部は白色である。

生態[編集]

亜熱帯熱帯の森林に生息する。

1腹3個の卵を産む。抱卵期間は約22日である。古い飼育記録では、雄が造巣し雌が抱卵したという。

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 キジ目』、財団法人東京動物園協会、1987年、26-27頁
執筆の途中です この項目「チャバネヒメシャクケイ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類