ダブルダッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダブルダッチ

ダブルダッチDouble Dutch)は、2本の縄を使って跳ぶ縄跳び。向かい合ったターナーと呼ばれる二人の回し手が2本の縄を内側に回し、その中でジャンパーが技を交えながら跳ぶ。

概要[編集]

17世紀ニューアムステルダムに入植したオランダ人によってアメリカに伝えられた。1970年代ニューヨークスラム街で少年非行が横行する中、それに歯止めをかけるため、ある警察官がダブルダッチをルール化し広めた。

競技種目には「規定」「スピード」「フリースタイル」「フュージョン」の4種類がある。

日本では1996年日本ダブルダッチ協会が発足。2009年、特定非営利活動法人日本ダブルダッチ協会に組織変更。

愛好者は5万人を数える。世界大会では日本人が毎年優勝などの快挙を成し遂げている。

2007年1月15日には、アメリカの祝日マーティン・ルーサー・キング・ジュニアデーを記念し、Googleのホームページのロゴが黒人と白人の子供がダブルダッチをして遊ぶデザインとなった(画像)。

ギネス記録[編集]

2009年5月3日、「アーバンドック ららぽーと豊洲」屋外ステージで開催された『DOUBLE DUTCH HARBOURFESTIVAL 09G.W.』にてプロパフォーマーCapliore(カプリオール)のNOBU(安藤信義)がダブルダッチ競技の「The most Double Dutch-style skips in one mimute」種目でそれまで199回のギネス世界記録に挑み、1分間で202回跳びギネス世界記録更新に成功。2009年6月25日、ギネス・ワールド・レコーズより公式認定され、日本人初のダブルダッチギネス記録保持者となる。

また1ヵ月後の6月13日に放映された、TBS王様のブランチ』生放送内でも自身の記録更新に挑戦し、208回を跳び、再びギネス記録を更新した。

2011年8月7日にKBSホール(京都市上京区)で行われた『number.one SUMMER FESTA 2011』にてプロダブルダッチパフォーマンスチームalttype(オルトタイプ)の「JUN(谷澤潤)」が「ダブルダッチ スピード種目」ギネス世界記録に挑戦し、「211回」を跳びギネス世界記録を更新し、ギネス世界記録保持者となる。

2011年12月2日放送の『ギネス世界記録のイケメン&美女100人』の番組内でカプリオールのNOBUが「215回」を跳び、再度ギネス世界記録保持者となる。

2012年2月10日に、オルトタイプのJUNがKBS京都B-TRIBE TV』の企画で再度ギネス世界記録に挑戦し、「221回」を跳び、ギネス世界記録更新に成功。

2014年3月21日に、DIANAの「坂巻 歩美」「相澤 めぐみ」「金子 寧々」の三人が「233回」を跳び、現在のギネス世界記録となっている。

2012年8月5日に、オルトタイプが「2本のロープの中で3人が駆足跳びを行いひっかかるまでに何回跳べるか」の種目で、前記録371回(アメリカのチーム)の記録を大幅に更新する「1401回」を記録しギネス・ワールド・レコーズにより公式認定され、オルトタイプは「ギネス世界記録」のチームとなる。

外部リンク[編集]