ダニエル・ケールマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダニエル・ケールマン(2009年、ライプツィヒ・ブックフェアにて)

ダニエル・ケールマン(Daniel Kehlmann、1975年1月13日 - )は、ドイツ出身の小説家。現在はウィーン在住。2005年に発表した小説『世界の測量 ガウスとフンボルトの物語』が世界的ベストセラーとなった。

来歴[編集]

ドイツミュンヘンにて演出家の父と女優の母との間に生まれる。1981年、6歳の時に父の故郷であったウィーンに転居、以降ウィーンで生活する。ウィーン大学にて文学と哲学を専攻。在学中の1997年に小説『Beerholms Vorstellung』で作家デビュー。カントについての卒業論文に取り組む傍ら、『南ドイツ新聞』『フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング』などの有力紙に小説、エッセイを発表する。2003年の長編第3作『Ich und Kaminski』は26ヶ国語に訳され国際的な名声を得た。2001年からはマインツ大学ゲッティンゲン大学の講師も務めている。

長編第4作『世界の測量』は、2005年秋にドイツで発表されて以降、100週以上にわたりベストセラーリストに名を連ねており、ギュンター・グラスブリキの太鼓』、パトリック・ジュースキント香水 ある人殺しの物語』に並ぶヒット作となった。2008年現在までのドイツ国内の発行部数は120万部であり、すでに40以上の言語に翻訳されている。2007年に発表された『Trend Publishing』(アメリカ)による国際ランキングでは、『ハリーポッター』や『ダヴィンチコード』を押さえ第2位にランクインしている。ケールマンはこの作品でクライスト賞、ディ・ヴェルト文学賞など多数の賞を獲得した。

著作[編集]

  • Beerholms Vorstellung 1997
  • Unter der Sonne 1998
  • Mahlers Zeit 1999
  • Der fernste Ort 2001
  • Ich und Kaminski 2003 
  • Die Vermessung der Welt 2005 
  • Wo ist Carlos Montúfar? 2005
  • Diese sehr ernsten Scherze. Göttinger Poetikvorlesungen. 2007
  • Requiem für einen Hund 2008
  • Ruhm. Roman in neun Geschichten 2009
  • 『名声』 瀬川裕司訳 (三修社、2010年)

外部リンク[編集]