ダツァン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダツァン: Дацан: Datsan)は、ロシア連邦領内におけるチベット仏教寺院の一形態。語源はチベット語で「人里から離れていない寺院」を意味するタツァンチベット語:གྲྭ་ཚང་、発音:grwa tshang)。

ロシアでは極東を中心にモンゴル族ブリャート)の信仰するゲルク派のダツァンが近世以降建設されている。ダツァンは20世紀初頭まではバイカル湖以東にのみその姿を見せるにすぎなかったが、欧州における最初のダツァンとして帝政末期のロシアで1903年からグンゼチョイネイ・ダツァンの建築が始まり、1913年に竣工した。

ロシアでダツァンが公認されるようになったのは帝政初期の1734年のことだった。その後1853年に出された法令により、イルクーツク州で2院、ザバイカル州32院、計34院のダツァンが州知事により認可された。

しかし帝政が倒れソビエト連邦の時代になると宗教関連の施設は教義を問わず軒並み弾圧を受けるようになり、この頃までにザバイカルのブリャート居住地域で47院を数えるまでに発展していたダツァンのすべてが取り壊されたり閉鎖されたりしている。その後1945年にはイヴォルギンスキー・ダツァンが開かれ、長い年月を経てアギンスキー・ダツァンも活動を再開した。1991年にはさらに10のダツァンが開かれた。


ロシアのダツァン一覧[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]