ダイオン・オバニオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ダイオン・オバニオン(Dion "Deanie" O'Banion、本名:ディーン・チャールズ・オバニオン(Dean Charles O'Banion)、1892年7月8日 - 1924年11月10日)は禁酒法時代のアメリカシカゴアイルランド系ギャングスター。凶暴で童顔、両手利き、左足が右足よりも4インチ短く歩くときに足を引きずるといった特徴があった。オバニオンは結婚していたが夫婦に子供はいなかった。自らの手で25人から63人を殺害しているという。

普段は礼儀正しくニコニコと笑う陽気な男だが、冷酷な一面を持っていた。気分屋で急に機嫌が悪くなることもあったという。部下の話を聞くタイプのボスだったという。生涯タバコは吸わなかったという。酒もほとんど飲まなかった。家で自動ピアノの演奏に合わせて歌うのが趣味で、夜にナイトクラブで豪遊するカポネとは対照的な性格だった。愛人もいなかったという。

少年時代の事故で右脚が左足より4インチ長く、そのため歩き方は無様だった。成人後は肥満体系が目立っていた。

プロフィール[編集]

1892年7月8日にシカゴから西に40キロほど離れたオーロラで生まれた。父チャールズ・H・オバニオンは農業、ペンキ塗り、喰工など仕事を転々としていた。母のエンマは1898年に結核で死亡。

子供の頃は何でも1番にならないと気がすまないタイプの性格だった。

少年時代はコソ泥だった。1902年ごろ、シカゴでアイリッシュ・マーケット・ギャングという強力なギャングがおり、その少年部のリトルリオンのリーダーがダイオン・オバニオンだった。その後、花屋を隠れ蓑にし、ブートレガーとギャングスターの大物となり、ノースサイドの大部分を縄張りにしていた。いわばジョニー・トーリオアイルランド版だった。警察の情報によるとオバニオンは少なくとも25人の商売敵の殺人をお膳立てしていた。しかし、殺人罪で裁かれることはなかった。

大人になってからは慈善行為に積極的で病人に花を贈ったり、貧しい人には現金、衣服、食料を与えたりもした。しかし、組織されたチャリティー行為は軽蔑し、「私の金は必要としている人に直接渡るようにする」と述べた。

1921年2月5日にヴァイオラ・カニフと結婚する。オバニオンが29歳、ヴァイオラは18歳。

表向きはトーリオ=カポネ組と同盟を結んで組織の保護を受けていたが、裏ではトーリオ=カポネ組の酒の密売を邪魔していた。トーリオから売春業から上がる収益の取引を拒絶した。理由はオバニオンは多くのアイルランド系ギャングスターと同じで売春業をきたない商売としていたのでイタリア系やユダヤ系に任せておきたかった。

ジェンナ兄弟がオバニオンのノース・サイドの縄張りで粗悪なウィスキーを売ったときジェンナ兄弟の酒を積んだトラックをハイジャックした。そのときはトーリオが仲裁役になり全面戦争になる直前に棚上げになった。

1924年には、闇酒取引で年間100万ドル近い利益を上げていたし、他のブートレガーたちが仕入れた極上品のウィスキーを大胆に次々とハイジャックして儲けを増やしていった。

1924年5月に事前に警察の手入れが入ると知りながらトーリオとアル・カポネにシーベンの酒造所を譲渡し2人をはめる。アル・カポネは手入れの夜に酒造所にいなかったので逮捕を免れたが、トーリオは酒造所所有で懲役9ヶ月と罰金5千ドルの刑を宣告された。これもすべてオバニオンの裏切りによるものだった。この後、ジェンナ兄弟がトーリオとアル・カポネに協力してオバニオン暗殺を計画する。

暗殺[編集]

1924年11月10日に自分の経営する花屋で、花を買いに来た客に成りすましたフランキー・イェール(トーリオがニューヨークからよんだ)とジョン・スカリーゼとアルバート・アンセルミの3人に、射殺された。(イェールではなくマイク・ジェンナという説もある)32歳。暗殺されたあと、地元のシューメーカー警部は容疑者候補のトップにトーリオとカポネの名を上げた。

オバニオンを暗殺し、ニューヨークへ帰るイェールを警察は汽車に乗る直前で拘束し、ラサール署に連行した。当時警察は4年前にあったコロシモ暗殺事件と今回の事件にイェールが関わっているという疑いがあった。警察はイェールが持っていた銃について質問したが、許可証もありシカゴに来た理由もマイク・メルロの葬儀に来たという理由があり、事件当時も知り合いのレストランで食事をしていたという証拠(もちろん作り話)があると言い、釈放されニューヨークに帰っていった。

その後、シカゴ北部地区のボスが次々と殺害され報復合戦になる。