ジェンナ兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェンナ兄弟(Genna Brothers)は禁酒法時代のシカゴギャングスター。その凶暴さから、『恐怖のジェンナ』と恐れられた。

アンジェロ(Angelo)、トニーことアントニオ(Antonio)(彼はオペラ好きだった)、マイク(Mike)、ピーター(Peter)、サム(Sam)、ジムことヴィンチェンツォ(Vincenzo)の6人兄弟。シチリアマルサーラ出身のブートレガーで、禁酒法時代に政府から工業用アルコールを生産する許可を得て、それを利用して密造酒を作っていた。禁酒法以前はまったくの無名だったという。ジェンナ兄弟のウィスキーは時間を急ぎ安く即席に醸造するため、ひどい物だった。樽のなかにネズミの死骸が浮かんでいたりしたという。こうしたウィスキーなどで彼らは月に30万ドル以上の利益を上げ、そのうちの7000ドルで警察を買収していた。ピーク時には5人の警部と約400人の制服警官に賄賂としての給料を払っていた。この頃にはジョセフ・エスポジートと並ぶ勢力を誇っていたという。さらに1924年ごろ警察とのコネも十分になったと思うとトーリオカポネ組に挑戦することを決める。

サムとアンジェロとマイクはブラックハンドのメンバーとして、恐喝をしていたという。ピーターとジェームズは酒場を経営していた。さらに2人は果物屋も経営しており、オリーブやチーズを輸入していた。

ジェンナ兄弟はやがて、ノース・サイドでもウィスキーを売り始めた。しかし、そこはダイオン・オバニオンの縄張りだった。そのため、オバニオンはジェンナ兄弟のウィスキーを積んだトラックをハイジャックした。そのため、シチリア系と、アイルランド系の間で全面戦争になりそうになったが、ジョニー・トーリオが仲裁役に入り、事なきを得た。この時から、オバニオンとは相当仲が悪かったようだ。

その後、トーリオがオバニオンにはめられて捕まる事件が起こると、ジェンナ兄弟はトーリオとアル・カポネに協力して、オバニオン暗殺を計画する。暗殺の実行犯は一般にフランキー・イェールたちだと言われているが、マイク・ジェンナとジョン・スカリーゼアルバート・アンセルミという説もある。

シチリア人連合(ウニオーネ・シチリオーネ)会長のマイク・メルロで死亡した後、アンジェロがシチリア人連盟の新会長になった。このとき、イェールとトーリオとカポネが協議して、アンジェロを指名した。

1925年5月25日、アンジェロがジョージ・モランの一味に暗殺された。朝、ロードスターで家を出て車を走らせていると、後ろから来たセダンに散弾銃で撃たれた。アンジェロも銃で応戦するが、相手の車に追いつかれ、必死のアンジェロは街灯柱に激突。そこで散弾銃で撃たれた。病院に運ばれたが命は助からなかった。

アンジェロ・ジェンナはルシール・スピニョーラという美女と彼女が18歳と時に結婚している。ルシールの兄は弁護士でシカゴのオペラ界のスターとも親交がある人物。スピニョーラ家は結婚に賛成ではなかったが、ルシールはアンジェロに夢中だったという。披露宴には300人の招待客が集まり、重さ1トンのウェディングケーキが用意された。

6月13日にはマイクが警官に殺害される。その後、7月8日にはアントニオも殺害された。この事件はオバニオン暗殺の報復と思われた。そのため、生き残った兄弟はアイルランド系による復讐を恐れて、身を隠したという。

その後、シカゴ・トリビューン紙はジェンナ兄弟の一人ヴィンチェンツォが、ローマにいることを突きとめた。ヴィンチェンツォはローマではギャングスターではなく電気掃除機の代理店を営んでおり、アメリカ・シカゴに住んでいた頃を懐かしがっていた。

ピーターは1948年5月13日、サムは1951年12月20日に死去した。ヴィンチェンツォの死去日は不明。

外部リンク[編集]