ダイアナ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダイアナ
Diana
監督 オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本 スティーヴン・ジェフリーズ英語版
原案 ケイト・スネル
Diana: Her Last Love
製作 ロバート・バーンスタイン
ダグラス・レイ英語版
製作総指揮 ティム・ハスラム
マーク・ウーリー
出演者 ナオミ・ワッツ
ナヴィーン・アンドリュース
キャス・アンヴァー
音楽 キーファス・シアンシア
デヴィッド・ホームズ英語版
撮影 ライナー・クラウスマン
編集 ハンス・フンク
製作会社 エコッセ・フィルムズ英語版
Embankment Films
eOne Films US
配給 日本の旗 ギャガ
公開 イギリスの旗 2013年9月20日
日本の旗 2013年10月18日
アメリカ合衆国の旗2013年11月1日
上映時間 113分[1]
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ダイアナ』(Diana)は、ウェールズ公妃ダイアナの最後の2年間を描いたオリヴァー・ヒルシュビーゲル監督による2013年伝記映画である[2]。脚本はスティーヴン・ジェフリーズ英語版が執筆し、ロバート・バーンスタインとダグラス・レイ英語版がプロデューサーを務めた[3]。ダイアナを演じるのはナオミ・ワッツである[4]

ストーリー[編集]

ダイアナがチャールズ皇太子と離婚してから亡くなるまでの2年間に焦点が当てられる[5]ハスナット・カーン英語版ドディ・アルファイドとの関係も描かれる[6][7][8]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ダイアナ公妃 ナオミ・ワッツ 米倉涼子
ハスナット・カーン英語版 ナヴィーン・アンドリュース てらそままさき
ポール・バレル英語版 ダグラス・ホッジ英語版[6] 飛田展男
ウーナ・トッフォロ ジェラルディン・ジェームズ 野沢由香里
パトリック・ジェフソン チャールズ・エドワーズ 二又一成
ドディ・アルファイド キャス・アンヴァー 斉藤次郎
ソニア ジュリエット・スティーヴンソン 一城みゆ希
クリスチャン・バーナード マイケル・バーン 松岡文雄
コリン ジョナサン・ケリガン 高瀬右光
ナイード ウーシャ・カーン 磯辺万沙子
ウィリアム王子 ローレンス・ベルチャー英語版[9]
ヘンリー王子 ハリー・ホランド[9]

製作[編集]

本作の脚本は2001年に出版されたケイト・スネルの『Diana: Her Last Love』を基にして、スティーヴン・ジェフリーズが執筆した[10]

重要シーンの一つである、ダイアナとドディがドディの所有する船で会うシーンの撮影は、特別に借り受けたプリンセス・ロランセ号を用いた[11]

イギリスの新聞「メール・オン・サンデー」のインタビューで、ナオミ・ワッツは本作での役作りの際に何回もダイアナ元妃の夢を見たり、ダイアナ元妃が自分のそばにいるような感覚を味わったと述べている。また、ダイアナ元妃は自分の演技に満足してくれるだろうとも述べている。[12][13][14]


評価[編集]

映画批評家レビューの集積サイトのRotten Tomatoesでは、2013年9月24日現在、29件のレビューで支持率は3%、平均点は10満点中3.4点となっている[15]Metacriticでは、6件のレビューがあり、平均点は100点満点中23点となっている[16]

イギリス国内のメディアの評価は最低であった[17][18]ガーディアン』のピーター・ブラッドショー英語版は5つ星のうち1つのみを与え、「ダイアナ妃の2度目の死といっていいほどの無残な出来栄え」と評した[19]。また、『デイリー・ミラー』のデビッド・エドワーズは本作を「低俗なテレビ番組を彷彿とさせる陰気で安っぽい駄作」と評し、5つ星のうち1つを与えた[20]

アメリカにおいても酷評され、『TIME』のキャサリン・マイヤーは「悲劇の王妃ダイアナは金持ちのモンスターとして描かれ、名女優ナオミ・ワッツは輝きを失っている。なぜこんなひどい映画を作ったのか。」と評している。[21]

また、ダイアナを演じるナオミ・ワッツの演技にも「違和感がある」「大げさだ」との批判が寄せられている[22]

ダイアナ元妃が交通事故にあった、アルマ橋近くに本作の広告看板を設置したところ、近隣住民から抗議を受け、看板の撤去に追い込まれるという事態も発生している[23]

参考文献[編集]

  1. ^ DIANA (12A)”. British Board of Film Classification. 2013年9月25日閲覧。
  2. ^ Dibdin, Emma (2012年7月4日). “Naomi Watts Princess Diana biopic renamed 'Diana' - first picture”. Digital Spy. 2012年7月4日閲覧。
  3. ^ Rachel Portman Scoring Oliver Hirschbiegel’s ‘Diana’”. Film Music Reporter (2013年6月17日). 2013年6月23日閲覧。
  4. ^ Bamigboye, Baz (2013年5月28日). “Naomi Watts' Diana biopic to open on September 5th”. Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-2332097/Naomi-Watts-Princess-Diana-biopic-open-September-5th--just-days-sixteenth-anniversary-death.html?ito=feeds-newsxml 2013年5月28日閲覧。 
  5. ^ Eby, Margaret (2013年6月12日). “'Diana' teaser: Naomi Watts reigns as the Princess of Wales”. New York Daily News. http://www.nydailynews.com/entertainment/tv-movies/watch-naomi-watts-reigns-diana-teaser-article-1.1370489 2013年6月12日閲覧。 
  6. ^ a b “New Princess Diana movie features iconic Sunday Mirror front page”. Daily Mirror. (2013年6月15日). http://www.mirror.co.uk/news/uk-news/new-princess-diana-movie-features-1955234 2013年6月17日閲覧。 
  7. ^ “Naomi Watts wows as Lady Diana on set of biopic Caught in Flight”. Herald Sun. (2012年7月3日). http://www.heraldsun.com.au/news/world/naomi-watts-wows-as-lady-diana-on-set-of-biopic-caught-in-flight/story-fnd134gw-1226415391872 2012年7月3日閲覧。 
  8. ^ “Watts reveals Princess Di makeover”. Stuff. (2012年7月3日). http://www.stuff.co.nz/entertainment/film/7212631/Watts-reveals-Princess-Di-makeover 2012年7月3日閲覧。 
  9. ^ a b “Naomi Watts prepares to rock as Princess Diana”. Pakistan Today. (2013年6月26日). http://www.pakistantoday.com.pk/2013/06/26/news/entertainment/naomi-watts-prepares-to-rock-as-princess-diana/ 2013年6月26日閲覧。 
  10. ^ Princess Diana film 'got it completely wrong' says former lover Hasnat Khan”. 2013年9月24日閲覧。
  11. ^ Princess Diana Movie - Yacht Chartered during filming with Naomi Watts”. 2013年9月24日閲覧。
  12. ^ ナオミ・ワッツ「ダイアナ妃の霊から彼女を演じる許可をもらった」”. 2013年10月5日閲覧。
  13. ^ 'I felt Diana's presence during the film. I asked her if I could carry on - and she gave me permission': An extraordinary interview with Diana star Naomi Watts”. 2013年10月5日閲覧。
  14. ^ Naomi Watts says Diana gave permission to play her in biopic from beyond grave”. 2013年10月5日閲覧。
  15. ^ Diana (2013)”. 2013年9月24日閲覧。
  16. ^ Diana”. 2013年9月24日閲覧。
  17. ^ Diana film slammed by British press”. 2013年9月24日閲覧。
  18. ^ 映画『ダイアナ』プレミア上映、英紙は酷評の嵐。”. 2013年9月26日閲覧。
  19. ^ Diana – review”. 2013年9月14日閲覧。
  20. ^ Diana film review: Cheap and cheerless effort looks like a Channel 5 mid-week matinee and recasts the Queen of Hearts as a sad-sack singleton”. 2013年9月24日閲覧。
  21. ^ The Princess of Wails: Diana is a Royal Mess”. 2013年10月2日閲覧。
  22. ^ Diana (12A)”. 2013年9月24日閲覧。
  23. ^ 映画『ダイアナ』ポスターを事故現場近くに掲示、批判殺到で撤去に”. 2013年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]