タヒチクイナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タヒチクイナ
Gallirallus.pacificus.jpg
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ツル目 Gruiformes
: クイナ科 Rallidae
: ニュージーランドクイナ属
Gallirallus
: タヒチクイナ G. pacificus
学名
Gallirallus pacificus
和名
タヒチクイナ
英名
Tahitian Red-billed Rail

タヒチクイナ(学名:Gallirallus pacificus)は、ツル目クイナ科に属する鳥類の1種である。

太平洋ソシエテ諸島に生息していたが、すでに絶滅した。体色は喉から腹にかけての前面が白、クチバシ と後頭部が赤、背などの残りの部分が黒。標本は残っていない。

絶滅の経緯[編集]

ネコネズミブタなどの移入動物による食害のため、タヒチ島では1844年まで、最後の生息地であるメヘティア島では1930年代までに絶滅した。

外部リンク[編集]