タイタス・アンドロニカス (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
タイタス・アンドロニカス
Titus Andronicus
}
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー
ジャンル パンクLo-Fi
活動期間 2005年 - 現在
レーベル Troubleman Unlimited
XL Recordings
公式サイト www.titusandronicus.net
メンバー
Eric Harm
Julian Veronesi
Liam Betson
Patrick Stickles
Adam Reich
旧メンバー
Sarim Al-Rawi
Martin Courtney
Ian Keller
Matt "Money" Miller
Andrew Cedermark
Ian Graetzer
Ian O'Neill
Peter Feigenbaum
Dan "Sleazy" Tews
Ian Dykstra
Alex Tretiak
Alexi Crawford
Amy Klein
David Robbins

タイタス・アンドロニカス (Titus Andronicus) は、アメリカニュージャージー出身のパンクバンド。シェイクスピアの戯曲タイタス・アンドロニカスからバンド名をとり2005年に結成された。

概要[編集]

2005年アメリカニュージャージーで結成[1]2008年、Troubleman Unlimited Recordsから1stアルバム『The Airing of Grievances』をリリースする。Neutral Milk HotelやPulpから影響を受けたという音楽性は「激しく雄大で恐れしらず」とピッチフォークなどインディーシーンから評価された[2]2009年、バンドはXLレコーディングスと契約を結び、1stアルバムが再発売された。

2010年XLより2ndアルバム『The Monitor』をリリース。リンカーンの演説からスタートするこのアルバムは南北戦争をテーマにしたコンセプト・アルバムで、破格のスケールのパンクサウンドを実現させた。ハンプトン・ローズ海戦から148周年の3月9日が発売日で、アルバムタイトルもこの海戦で登場したアメリカ合衆国海軍初の装甲艦モニター」からとられた[3]。各音楽メディアが発表する年間ベストアルバムのリストでは、Spectrum Cultureで1位[4]ピッチフォークで10位となった[5]

2012年10月23日、前作から2年ぶりとなる3rdアルバム『Local Business』をXLからリリース。

メンバー[編集]

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム

脚注[編集]

  1. ^ [1]Titus Andronicus at Allmusic
  2. ^ Interview, Exclaim! Canada, June 2008.
  3. ^ Patrick Stickles; Titus Andronicus (2009年12月14日). “Our new record”. Titus Andronicus, Myspace. 2009年12月19日閲覧。
  4. ^ Spectrum Culture Best Albums of 2010
  5. ^ Pitchfork top 50 albums of 2010, page 5

外部リンク[編集]

公式サイト