ゼムガレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゼムガレの紋章
ラトビアの歴史的な地方区分

ゼムガレラトビア語: Zemgaleリヴォニア語:Zemgāl、ドイツ語: Semgallenポーランド語: Semigaliaリトアニア語: Žiemgala)は、ラトビアの歴史的な地域区分のひとつ。ラテン語名のセミガリア (Semigalia, Semigallia) やドイツ語名のゼムガレンとしても知られる。

現在のラトビア共和国の南部にあたり、セロニア、ジェマイティヤ(サモジチア)、クールラントリヴォニアと境を接する。リトアニアの一部を含む場合もある。地勢は平らで、主要河川はダウガヴァ川、最大都市はかつてクールラント公国の首都が置かれたイェルガヴァである。このほかアウツェ (Auce) 、バルドネ (Baldone) 、ドベレ (Dobele) 、エングレ (Engure) 、イエツァヴァ (Iecava) 、ヤウンピルス (Jaunpils) 、オゾルニエキ (Ozolnieki) 、ルンダーレ (Rundāle) 、テールヴェテ (Tērvete) 、トゥクムス、ヴェツムニエキ (Vecumnieki) の各基礎自治体が含まれる。

歴史[編集]

地域名はバルト人のゼムガレ人からとられた。13世紀からセロニアもゼムガレに含まれるようになり、現在もゼムガレ選挙区の東部をなす。同じバルト人のセロニア人にちなむこの地域は、リトアニアの北東部でもある。

1795年から1918年までロシア帝国のクールリャント県に属し、第一次世界大戦後にラトビア領となった。

参考文献[編集]

Eastern-Europe-map2.png この「ゼムガレ」は、東ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 東ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ
アゼルバイジャン アルバニア アルメニア ウクライナ キプロス ギリシャ グルジア クロアチア セルビア トルコ ブルガリア ベラルーシ ボスニア・ヘルツェゴビナ マケドニア モルドバ モンテネグロ ルーマニア ロシア