セキショウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セキショウ
Acorus gramineus
Acorus gramineus
(2008年11月25日)
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ショウブ目 Acorales
: ショウブ科 Acoraceae
: ショウブ属 Acorus
: セキショウ Acorus gramineus
学名
Acorus gramineus
Sol. ex Aiton[2]
英名
Japanese sweet flag, Dwarf sedge, Japanese rush
変種
  • アリスガワセキショウ A. g. var. pusillus

セキショウ(石菖、学名: Acorus gramineus)は、ショウブ科ショウブ属に属する多年生植物

形態・生態[編集]

根茎は土中に匍匐し、よく分枝して群落を形成する。

茎からは先の尖った線形葉を多数根生する。葉の長さは最大約30cm。

は淡黄色の肉穂花序で、から初夏にかけて開花する。

分布[編集]

日本中国ベトナムなどに分布する。

保全状況評価[編集]

人間との関わり[編集]

根茎は薬草として用いられ、神経痛痛風治療に使用されている。例えば蒸し風呂(湿式サウナ)で用いられる時には、セキショウの葉を床に敷いて高温で蒸す状態にして、鎮痛効果があるテルペンを成分とする芳香を放出させて、皮膚呼吸器から体内に吸収するようにして利用する。

日本庭園アクアリウムなどで本種やその園芸品種観賞用に栽培されることがある。アクアリウムで用いられるときには、属名のアコルスと呼ばれることもあり、斑入りアコルスA. g. f. decoratus)や、ピグミーアコルス(アリスガワセキショウ、A. g. f. pusillus)などの園芸品種が知られている[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Nguyen, T.H.T. & Thinh, D.V. (2011年), Acorus gramineus, IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/169076  (英語)
  2. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Acorus gramineus”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2013年5月4日閲覧。
  3. ^ 吉野敏 『世界の水草728種図鑑 : アクアリウム&ビオトープ』 エムピージェー2005年、93-94頁。ISBN 4-89512-534-3

参考文献[編集]

  • 平野隆久写真 『野に咲く花 : 写真検索』 林弥栄監修、門田裕一改訂版監修、山と溪谷社〈山溪ハンディ図鑑〉、2013年、増補改訂新版、24頁。ISBN 978-4-635-07019-5

関連項目[編集]

外部リンク[編集]