ズボン役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ズボン役(ズボンやく)とは、オペラにおいて、男装する女性歌手の役柄を言う。元々はフランスオペラの伝統だったが、有名作品ではドイツオペラに多い。

モーツァルト作曲「フィガロの結婚」のケルビーノ(メゾソプラノ)、ベートーヴェン作曲「フィデリオ」のフィデリオことレオノーレ(ソプラノ)、ヨハン・シュトラウス2世作曲のオペレッタこうもり」のオルロフスキー(メゾソプラノ)(まれにカウンター・テナーテノールが歌うケースもあり、この場合はズボン役とは呼ばない)、フンパーディンク作曲「ヘンゼルとグレーテル」のヘンゼル(メゾソプラノ)、リヒャルト・シュトラウス作曲「薔薇の騎士」のオクタヴィアン(メゾソプラノ)が代表的。フランスオペラではグノー作曲「ファウスト」のシベールが有名だが、これも男性が歌うこともある。

これらの中には役柄のうえでも実は女性というものや、劇中さらに女装して二重の扮装となるものも存在する。リヒャルト・シュトラウス作曲「アラベラ」のズデンカ(男性名ズデンコ)は、劇中でも男装女性という設定だが、開幕早々に女性であることが明かされ、一部の登場人物だけが終盤まで男性と誤解し続けるという設定のため、ズボン役と呼び得るかどうかはやや微妙である。

関連項目[編集]